メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
(映画)ホテル・ルワンダ
ルワンダで、1994 年、大統領が暗殺された事件を契機に、3ヶ月ほどの間に、80万人が犠牲になるという恐怖の大虐殺が起こりました。悲惨な恐ろしい出来事が起こっていたのに、資源のない国なので世界から注目されることもなく、平和活動を続けるはずの外国の軍隊もジャーナリストたちも、上部からの命令で退去してしまったのです。外国人の上司が国外脱出した後の混乱したホテルを指揮して、多くの人の命を守った実在のルワンダ人ホテルマンを描いた映画です。

凄惨な内容の映画ですが、主役のドン・チードルと妻のソフィー・オコネドーの二人の好演をはじめ、UN軍のカナダ人の隊長、アメリカ人ジャーナリスト、そして、ベルギー人のホテル会社の重役(ジャン・レノ)、赤十字の女性、それぞれ脇を固めて、ところどころユーモアのある台詞や、なんとかみんなを救おうと努力して苦悩する人間像、夫婦の愛の絆を見せてくれて、ホッとする部分も随所にありました。

ルワンダの96%の子供たちは、この大虐殺で、目の前で両親や近所の人が殺されるのを見たのだそうです。また多くの孤児たちが心の傷をかかえたまま、今も苦しんでいるとのこと。この子供たちのために、今、私の通う教会の人たちが、英文の手記などを日本語に翻訳して、支援活動を呼びかける準備をされています。その活動がルワンダの孤児たちの心を癒す力に育っていくようにと心から願っています。

6月24日に、この映画が日本国内の上映のメドがたたないまま、との情報を得ました。詳細は

『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会について
に書いております。
[PR]
by melbournedayori | 2005-02-27 22:07 | 映画