メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
突然の訪問客
めったに訪問者の来ない家なんですけれど、さきほど、中年のオージーの女性が二人来られて、にこやかな微笑みに、片手にはBIBLE・・・。何か寄付のお願いかな、と思って挨拶はしたのですが、日本でもおなじみのあの宗教勧誘でした。たいてい二人連れですね、そして一人は無言で一人だけがしゃべり、聖書箇所を示し、パンフレットを手渡そうとするのも、まったく同じ手順でした。

こちらの意向はおかまいなしに、話し始めて、自然の流れのごとくに英語の聖書を音読、少々問答の末に、今度、彼女たちの仲間の日本人が、日本語のパンフレットを持ってやってくるなんて言われたので、「そんなのは要りません」と、はっきりとした言い方で答えると、やっとあきらめてくれて「わかりました」って、帰っていかれました。

シンガポール在住だった頃にも、こういう訪問を受けたことがありますが、マンションの郵便ポストの名前で確認して、日本人が回ってきてました。「私もクリスチャンです。そのパンフレットは必要ないです」と言っても、もっと聖書の話をしましょうとよけい勢いづいて、あの手この手で話を長引かせようと迫ってこられます。そういうマニュアルも勉強されてから来られるようで、なかなか手ごわいです。

こういう訪問、日本人にしろ、外国人にしろ、お断りするのはきっぱりとしないと、やんわりと断ると長居されてしまいますね。ややこしいのでもう来ないで欲しいわ~!
[PR]
by melbournedayori | 2005-03-29 14:07 | 豪州&メルボルンのネタ