メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
家探し(3)
家探しの日々、インスペクションは、合計4回しました。

最初の3軒は、まだ人が住んでいる状態でしたが、最後のは先週末からすでに空き家状態。

ここが人気が無かったのは、キッチン設備が旧式なのと、床から温風で暖めるダクトヒーターが無くてリビングにだけ新しい冷暖房のエアコン(これは日本のメーカーのもの)があるということかな。有名な校区の範囲には入らないらしいので売り文句にはその記述はありませんでしたが、お隣さんちの子は、そこの学校の制服を着てました。っていっても、うちには校区はなんの関係もないのですが。

子供たちの通学には、息子のほうは歩いていける距離で、娘のほうは、卒業まであと半年になりましたが、バスが乗り換えなしでOKになります。

バスルームはましなんですが、キッチンがイマイチ、今の家の収納の多さに比べるとかなり見劣りがするし、使い勝手も悪そうですが、一年間は我慢することにしました。北向きのダイニングキッチンに広々フローリングのリビングルームは明るく快適そうです。

2番目に見た家の場所と設備内容が一番良かったので、オープン・インスペクションがあった翌日の朝一番に申し込みをしたのですが、書類は受け取ったものの、いつまでも結果は報せてきませんでした。しかもいつまでもインターネット上では、募集中になったまま。

何度もそこのエージェント(N社)に電話をかけて聞いたのですが、結果は日延べするばかり。申し込んでから4日目にオフィスに足も運んで聞くと、その日の夜には結果がわかるので電話をするという話、それを待っていましたが、結局なんの連絡もなしで、翌日の電話では、なんと来週まで待たされることに話が変わっていました。

オフィスに合計5回足を運び、電話も何度かかけたのですが、この不動産屋からは、最初からこちらに電話の連絡は一度もありませんでした。インスペクションの時間も知らせるからと電話をかけた時には言うものの、結局ネットで知ったのでした。

アプリケーションの受付はしたけれど、客としてみていないのだとしか思えない対応です。複数の家族が同じインスペクションの時間帯に見に来ていましたが、どうやらどこの家も条件が悪いということらしい。家のオーナーの意向で、そういうことかなとは思いますが、今、現在もそこの物件は募集中のままになってます。良い客が現れるのを、ずっと気長に待つらしいです。

結局、これまでの家からはもう少し駅に近い、最後に見た家にアプリケーションを出し、その翌日、つまり今日、OKとの返事をもらいました。明日、不動産屋のほうに出向いて、契約書に記入して手続きを進めることになっております。こちらの若い女性エージェント(H社)は、N社とは大違いで、最初から大変きちんとした応対態度、受付の中年アジアン女性も、いい感じ。N社で傷ついた心が慰められました。

来週半ばには、いよいよ引っ越しをすることになりそうです。
引っ越し屋さん、カーペットのクリーニング屋さん、電話、ガス、水道、電気、各社への、連絡、
ほかにも、まだ何かあったかしら、忙しくなります。子供たちは明日で学期はおしまいで、2週間のホリデーに入るので、何かとがんばってもらわなければ、です。

日本の場合だと、貸家情報は、築年数、間取り、専有面積、などの項目が普通についていますが、こちらの物件は、本当に情報が少ないです。

賃貸物件の広告では、週当たりの料金、住所、家の形式(一戸建て、ユニット、タウンハウスなど)、いつから入居できるか、寝室数、冷暖房の有無と種類、ガレージの種類(シングルとかダブル、ロックアップなど)、などは標準で書いてあり、あとは、その物件の良いところだけを強調。交通が便利とか、バスとトイレが別とか、庭が広いとか、校区が良いとか、その他、もろもろ。

家の間取りは、まったくついてません。ネットの情報だけではなくて、不動産屋でもらう印刷物も同じです。ネットのほうが写真がついていて、地図もあるので、そのぶんは詳しくわかります。日本だと新聞折込広告や賃貸情報誌もありますが、こちらでは、そういうのはありません。

駅の周辺は、日本でも同じですけど、やっぱり不動産屋が、たくさんあります。記憶にある分だけでもざっと10軒近くです。儲かるのでしょうね。その不動産屋が『家を売りませんか、お見積もりしますよ』と、しょっちゅう家の郵便受けにジャンクメール類を入れていきます。

売り家のほうは、オークションが開かれて、値段と買い主が決まるそうな。売り出しのSALEの看板に、オークションの案内が書いてあったりします。

たまにオークションのテレビ中継もあったりするようです。家の関連のテレビ番組では、家をリノベーションする番組や、ガーデニングなどの番組もゴールデンの時間帯に長々とあって、家に対するオージーの思い入れが伝わってきます。

そうそう、次に住む家には、裏庭はあるものの、狭すぎず広すぎずで、ちょうど良いサイズ。前庭はまったく無しで、芝生の手入れはしなくて済むので楽チンです~♪♪
[PR]
by melbournedayori | 2005-06-23 21:50 | 豪州&メルボルンのネタ