メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
引っ越しの準備(その1)
先週金曜日に、新しい賃貸契約の書類を作成して、一か月分の家賃を現金払いしてきましたが、今日は、家賃とは別に、一か月分のBOND(保証金)を支払って、家主のサインの書き込まれた契約書と、転居先の鍵をもらってきました。

ここの不動産屋さん、チェーン店があちこちにある大手らしいのですが、真っ赤な色がトレードマークで、お店の外も中も、その色が目立つように配色されていて、書類は、その色の専用のファイルに入れてくれ、ほかにも印刷のガイドブックなどがあり、何かとすることがスマートな感じ。

前回の時は、最小限の書類を普通の茶色の封筒に入れてくれただけでしたので、大違いです。

鍵をもらって、その家に行く道すがら、不動産屋のすぐ横のパン屋で、あんぱんを買って、途中のグロリア・ジーンズでそれぞれ熱い飲み物を買い、両手に持って、歩きながら朝食・・・。ヘンな親子3人ですが、こちらでは、それほど目立つことはありません。大丈夫!

家に着くと、さっそく、家の点検です。

項目がずらっと並んだ表を順番にチェック。赤いレンガの家で、ぱっと見た感じは、新しそうなんですけれど、細かく見ると、どういたしまして、傷も汚れもしっかりとついています。エージェントが書き出したチェック表には、ほとんど汚れもなくきれいだと、甘いコメントが並んでいるのですが、これはちゃんとレポートしないといけませんよね。

それと、前に住んでいた人は、掃除をきちんとせずに出たのがミエミエ。窓も汚いままで、汚れがこびりついています。当分忙しい作業が待っていそうです。庭の隅に枯れ葉がこんもりと・・・。

その点検作業をやっている途中に、「UtilityOne」なるところから、携帯に電話がかかってきました。入居した家の、電気、ガス、水道、電話の連絡を、それぞれの会社に連絡してやってくれるサービスで、申し込みには、IDが必要なんだとのことで、その場では申し込みができず、帰宅してから、電話し直すことにしました。(こういう応対、結局息子が全部やってくれました。私の下手な英語では、とても無理です)

私が日本で、引っ越しをしたのは、もう16年も前のことで、その時は、個別に連絡をしたように思うのですが、最近はどうなってるのでしょうか? こんな風に一気に、旧住所引き払いの通知と、新居の水道・ガス・電気・電話の接続って、してくれたりするのかしら? 

こちらでは、これが当たり前のようで、すべての接続の切ったりつなげたりを、本当に電話一本で全て完了、なんともありがたいことです。

さて、引っ越しのほうは、今のところ、今週土曜日になる見込みです。
いつもお世話になっている教会の牧師が、トラックをレンタルして、手伝ってくださるとのことで、本当に何から何までお世話になりっぱなしです。
[PR]
by melbournedayori | 2005-06-27 22:35 | 豪州&メルボルンのネタ