メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Thanksgiving Service
天国に召された兄弟の Thanksgiving Service が執り行われ、子供たちと共に出席し、お手伝いもしてきた。

私たちとは、ほんの短い交流の時間しか持てなかったままで、先日、このブログの記事にも載せた教会のピクニックにも、参加されていたのだが、そんなに急にとは、初めて訃報を聞いたとき耳を疑うくらい驚いた。

私が覚えているのは、日曜日の礼拝でフィアンセの女性と、二人、物静かに座って微笑んでおられた姿。それと、私の作ったブラウニーが、アメリカ育ちの彼の口に合ったらしく、誉めてくださったこと。

愛するフィアンセとは離れてしまったが、病気の苦痛から解放されて、今は天国で神様の御許にいるのだ。キリスト者にとって、死は恐怖ではない、と、今日、もう一度それを強く思った。

式のあとの、軽い食事と飲み物を用意するということで、急遽、役割分担が決められて、教会のメンバーが準備をした。250人ほどの人数が集まるのだからと、すべてのものが大量に。
簡素にしてほしいとの遺族の意向により、簡単な料理が並んだのだが、ものが大量なだけに、ずいぶんと忙しかった。しかし当初のどんなものになるのかとの心配は無用で一緒にお手伝いができて本当に良かった。
[PR]
by melbournedayori | 2004-09-24 16:10 | メルボルン日本語キリスト教会