メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
(花) 婆羅門参(バラモンジン)/ Jack-go-to-bed-at-noon
b0015002_2027755.jpg

1mほどの草丈の草にかなり大き目の蕾がいくつかついたのを見て、どんな花かな、きっと大輪の花だろうなと期待して待っていたのに、いっこうに咲いた気配が無くて、まだかな、まだかなと、待っていたのですが。

急に出てきたのは、大きなタンポポのお化けみたいな綿毛。5倍くらいは大きいと思います。すでに半分ほど風に吹かれて飛んでいて、花を見逃したんだ (゚O゚;・・・、でも、まだ蕾はたくさんあるから大丈夫と思ってました。こちらで綿毛の大きさをタンポポと比べています。

しかし、その次にも、でっかい綿毛はあるのに、花が無い・・・。

綿毛の写真を撮ってPC画面にて再確認、これでやっと、シシリー・メアリー・バーカーさんの妖精の詩、Jack-go-to-bed-at-noon の花だと気がつきました。イギリスやアメリカではかなりポピュラーな野草だそうです。

検索してみると、やっぱり! この花は午前中の2時間だけしか咲かないのでした。
ということで、いつもよりも早めにお買い物に出かけ、途中で、やっと出会えた Jack-go-to-bed-at-noon の花の写真を撮ってきました。想定した花の大きさの半分ほどの花でした。妖精の絵が黄色ですが、こちらで咲いているのは、紫色の花でした。買い物をしての帰り道には花はすでに閉じておりました。

b0015002_2028456.jpg
僕は正午までに眠ってしまいます !
寝る時間はそんなに早く来ますが、
僕だって忙しいのです。
12回ふくらませて! その景色の中から
僕は花をきつく閉じます;
朝の光の中でだけ、
花をみせてあげるのです。

それから、ある晴れた日に、
すっかり新しくなり大きく開きます !
羊の群れを世話する羊飼いが
「羊飼いの時計」と呼ぶ花です。
カチコチ・・・なんて時計の音はしないのですけどね!


(シシリー・メアリー・バーカーさんのJack-go-to-bed-at-noonの妖精の歌より)


和名:バラモンジン 婆羅門参 サルシファイ 西洋牛蒡
学名:Tragopogon porrifolius L.
科名:Compositae(キク科)
英名:Jack-go-to-bed-at-noon, meadow goat's beard, common goat's beard, goat's beard, Johnny-go-to-bed-at-noon, meadow salsify, noon flower, salsify
b0015002_2031188.jpg

この植物は、根を食用にする野菜としてかなり昔に日本にも持ち込まれたようです。
一応薬効もあり、食欲増進、去痰、などの作用もあるそうです。(成分:イヌリン)牛蒡に似たような根っこで、独特の風味があるとのこと。英語の文献によれば、昔のことのようですが、根はパースニップと同様にオーブンで焼くなどして料理され、チーズと合わせたり、クリームシチューの具にするそうです。若い茎は、適当な長さに切ってアスパラガスのようにゆでて食されていたとのことでした。

産地・原産地:ヨーロッパ、北アジア原産

全長: 1~1.5m
葉長: 5- 15 cm
花径: 4- 6 cm
b0015002_20295757.jpg

綿毛のたんぽぽとの比較はこちら
[PR]
by melbournedayori | 2005-11-09 07:10 | 花・植物