メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日本製の炊飯器
こちらでも炊飯器は売っていますが、かなり旧式のものばかりです。ほとんどはスイッチがひとつっきりのもので、タイマーすらついていません。炊飯器が世に出て家庭で使用された頃のまま、ずっと進化していません。日本の厚釜だの遠赤外線、もちろんIHなんてのは夢の夢。それでも、それなりのお値段で売っているのは見かけたのですが・・・。

オーストラリア製の炊飯器だって売っているのですが、冷えるとパサパサになってしまうんです。

ちなみに、子供たちが以前にホームステイした家では、ご飯はゆでるという感覚でクッキングされるのだそうです。鍋で炊いたり、電子レンジで炊いたり、いろいろとされているようですが。

私は、メルボルンに来てからこれまでは、圧力鍋でご飯を炊いていました。圧力がかかってから5分間、中火で、あとは火を止めて蒸らすだけ。簡単で、甘みともちもち感のあるご飯が炊き上がります。前夜に仕掛けておいて、朝に炊いて、学校に持っていくおにぎりを作っていました。

昨日まで初めての一人暮らしの娘も、何度か圧力鍋を使い、ご飯も炊いて食べていたようです。いざとなれば何でもできるようになるものですね。^^ 

ですが、今回、オーストラリア仕様の日本の炊飯器を買って持って来ました。私が6月に帰国したあとも、子供たちがこちらの生活を続けることになるので、やはり炊飯器はあったほうが便利ではないかと思ったからです。b0015002_010405.jpg
神戸の元町通りにある、海外仕様の電化製品を売っている店に行って、買って来ました。国内用の製品の値段より高いし、メーカー保障も無いような話でしたが、それでも主食のご飯の味を追求した日本製の炊飯器は、やはり炊き上がりが違います。

b0015002_011367.jpg

[PR]
by melbournedayori | 2006-01-22 21:11 | 豪州&メルボルンのネタ