メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
鴨の親子のお出かけ
b0015002_202119.jpg

夕暮れ時、午後7時40分頃のこと。

買い物帰りの道で、鴨の親子たちに遭遇しました。
何度も通る道ですが、鴨に出会えるというのはめったに無いことです。

たぶん、鴨の親子もどこかへお出かけしての帰り道だと思うのですが、親鴨たちに子鴨たちは、10羽近く。ぞろぞろと、芝生の中の何かを啄ばみつつ散歩していました。
b0015002_205921.jpg

鴨親子一行が向かっている方向は、学校があるのですが、きっと中に池があるのでしょう。

ピンボケになってしまったのですが、学校のフェンスを、上手に潜り抜けて、親子揃ってねぐらへと帰っていきました。
b0015002_2064693.jpg

今日は、クロエの誕生日でした。

コメントにメールや、バースデーソングも届いて感謝しています。(^人^)感謝♪

今日はいろいろとハプニングがありました。

娘の買い物があって一番近くのD.I.Yのホームセンターのバニングスに行くのに、バス停でバスの運転手さんに手を振ったにも関わらず無視されて止まってもらえなくて。たまにこういうことがあります。

今日は土曜日なので、バスが1時間おきにしかないので、近くのスーパーに行ってみて、買う予定のものが無いかどうか探してみたのですが、なくて、結局また、電車駅横のバスターミナルからバスに乗って、バニングスへ行きました。バスを降りた時点で、真っ黒な雲が近づいてくるのが見えて、バニングスにたどりつくやいなや、バケツをひっくり返したような雨に雷も!

買い物を済ませてから30分くらい店の中で待っていたのですが、少し雨がましになったところで、バス停まで移動しました。これで足元はずぶぬれ状態に。たどりついたバス停のすぐ近くの交差点で、木が風雨のためにだと思うのですが大きな枝が折れて、それを片付ける作業をちょうどしていました。

バス停にたどりつき、次のバスは・・・と見ると、約35分後くらい。待つしかないねと、待っていると、その折れた木が当たったらしく、信号も傾いていたので、それを修復する作業の係りの人も駆けつけてきました。一箇所だけだったので、交通は通行止めにはならず大丈夫だったようです。

で、待っていたバスですが、それがなんと、30分近くも遅れて到着。もう来ないかと心配しました。

そのバスで、チャヅストン・ショッピングセンターまで乗っていきました。

自宅方向に行くバスの最終便が午後5時10分なので、40分ほどあったので、カフェでお茶を飲んで、美味しいピザを娘と半分こしました。^^

再度家に向けてバスに乗るころには、雨も止んでいました。

家に戻ると、すっかりびしょぬれの洗濯物を、もう一度脱水して干して。で、また忘れ物があったので、近くのお店まで。

上の鴨の親子に遭遇したのは、その帰り道でした。

帰宅後、ネットを見たり写真を見たりと、ゆっくりとしていると、気が付くとまた雨の降り出した音が聞こえたので、慌てて洗濯物を取り込みに。それでばたばたしていると、息子から「今、帰りの電車に乗ったところ」との電話。

それから40分ほどしてから、再度電話が来て、電車が途中の駅で止まってしまって動かないとのことでした。最初は状況がなかなかつかめずに、いつ発車して帰れるのやらと心細い様子だったのですが、結局、これも信号の故障という原因だったとのこと。1時間半ほど待たされて、ようやっと電車が動き出して、かなり遅くなったけど、ちゃんと戻ってきました。良かった・・・。電車内で席が近かった女の子が携帯でクィーンの曲を何度も鳴らすので、今度からクィーンの曲を聴くと、この体験を思い出しそうなんですって。(笑)

やれやれ・・・。
[PR]
by melbournedayori | 2006-02-25 22:13 | 豪州&メルボルンのネタ