メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Entmoot Street・・・10月
この通りに初めて来た時は、落ち葉の季節で、びっしりと黄色い葉が地面を多い尽くしていた。太い幹から腕のように力強く横に張り出した枝は、その後は迷うことなくいっせいに空に向かってぐんぐんと伸びている。プラタナスの木だと、私は思っているのだけど、ちょっと違うのかも?

整然と並んで大地に根を張る木の列は、映画にもなった「ロード・オブ・ザ・リング」に登場する、動く木のエントの姿を思い起こさせた。だから、この通りは、私の「Entmoot Street」(エントの寄合通り)。動くのを忘れたわけではなくて、会議が長引いていて、まだまだ続く・・・。

この同じ通りの並木の写真を今後も撮り続けてみることにした。一日のうちに四季があるといわれるほど、気温の上がり下がりがある気候であるが、寒さ暑さよりも日照時間のサイクルで、きちんと四季の移り変わりを植物は確かめているのだろう。この国の木や花を見てそんなことを考えた。
b0015002_22343977.jpg

[PR]
by melbournedayori | 2004-10-11 22:37 | 豪州&メルボルンのネタ