メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
メルボルンの天気
一日だけ真夏日で30度を越えたけど、次の日からはまた寒い、今朝も10度以下で暖房を使用した。夏と冬が混在しているこの土地の気候。

気まぐれで温度が急に上がったり下がったり・・・、いったい何を着ればいいのやらと迷う毎日。メルボルンの天気は予想がつかないので、天気予報も誤差は多めに見積もっておかなくちゃ。だからできるだけ悪い方向に考えてしまう私。かなり後ろ向き発言だけど、それだけお天気はきまぐれ、油断をして寒くなって風邪などをひきたくないものね。

この温度の上がり下がり、テレビの天気予報の気圧配置とか眺めていても、なんかよくわからないので、とりあえず、調べてみた。オーストラリアの気象解説、このページの一番下のクールチェンジ(Cool Change)というものがその原因らしい。砂漠からの乾ききった熱風と、南極からの冷たい風を送り込んでくるのは同じ高気圧で、位置によって違う結果になる。二つの高気圧の間に寒冷前線を伴った低気圧がはさまっていると、天気は荒れる。

メルボルン在住歴の長そうな方のメルボルンの気候について詳しい解説はこちら。私が気候で感じたことは、ほぼ網羅され、「(日本の)常識を捨てよう!」というところから始まってます。
[PR]
by melbournedayori | 2004-10-15 09:21 | 豪州&メルボルンのネタ