メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:豪州&メルボルンのネタ( 170 )
ご挨拶
ご訪問、ありがとうございます。

たくさんの思い出とともに3年間のメルボルンでの生活を終えて帰国しました。ブログ開設以来、多くの皆様にお越しいただいて、本当にありがとうございました。

English version translated by machine
(I'm sorry. The page does not become perfect English for automatic translation.)
b0015002_1856384.jpg





[PR]
by melbournedayori | 2006-06-26 08:44 | 豪州&メルボルンのネタ
メルボルンを離れる日
b0015002_775872.jpg

3年間のメルボルンの暮らしを終え、今日、帰国の途につきます。

ありがとう、メルボルン

コアラとカンガルーとペンギン、ポッサムの国
オーストラリア、大好き

広々とした大地に育まれて、陽気な人々
一年中鳥が歌い花が咲き続ける
緑豊かなガーデン・シティ

故郷の文化への誇りと愛を忘れず
この国に溶け込もうと努力されている
多彩な民族の移住者たち

英語漬けの日々を送る留学生・ワーホリの若者たち
日本びいきで日本語を勉強するオージーたち

仕事を引退された年配の方もいつまでもお元気で、
とても若い心を持って元気な方ばかり

この街で多くの人々に出会い
たくさんの元気を分けていただきました

ここで書き始めたブログ「メルボルン便り」
ここに来てくださった皆様に本当に感謝しております

2004年8月23日から今日まで、1年と10ヶ月
この記事で832件目になりました

5099件のコメントと(その半分はブログ主ですが)
174件のトラックバックをいただきました
ロムだけしてくださった方も居られますね
32100アクセスもいただきました。
本当にありがとうございました

まだまだ、もっとあれもこれも書きたかった
もっと多くの花の写真を撮って載せたかった
いつまでもここにいて、そうしていたいと思いながらも

いよいよお別れのときがきて
さあ、私もまた新たな日々に向かって前進です

フィナーレの花は白い椿です

品種名 'Melbourne White'
学名は Camellia japonica
日本原産で、メルボルンで新たに作られた品種だと思います

ぜひメルボルン便りの最後の花にしようと撮ってきました
(6月9日 植物園で撮影)

この花のようにしっかりと上を向いて
神様の愛をこぼさないように
b0015002_7113274.jpg


どうぞ 皆様 お元気で
また、きっとどこかでお会いしましょう
最後までお付き合いをありがとうございました

ありったけの感謝を込めて  
         
  如月クロエ
[PR]
by melbournedayori | 2006-06-24 07:23 | 豪州&メルボルンのネタ
マウント・ダンデノンにて
b0015002_212114.jpg今日は、最後のメルボルン観光の思い出にと、ダンデノン山の美味しいお店に食べに行ってきました。教会で、いつも大変お世話になった、メルボルンに移住されて18年のご夫婦に、私たち親子3人連れていっていただきました。寒くないといいなと、お天気を心配していましたが、朝から快晴で、前回きたときよりもずっと暖かいお天気でした。

美味しいと評判のミス・メープルのお店で、少し早めのお昼をいただきました。時間になると、かなり混むのですって。

b0015002_2141321.jpg食後は、周辺の散策をして、お店を見て回りました。その後、前回に来たときも入って食べた、パイの有名なお店でお茶を飲んで、ご招待くださったご夫婦と、良い午後の時間を過ごすことができました。

2番目の写真は、教会のメンバーのある方が結婚式のパーティをされたホテル。中を見ることが出来ました。お料理もなかなか素晴らしかったのだそうです。

最後に、家のほうにも寄せていただきました。

ジャズの大好きなご主人に、お奨めのジャズを教えていただいてたり、お若き頃の写真を拝見したり、奥様の手料理をご馳走になって、とても良い時間を過ごさせていただきました。目前に迫ったお別れが辛いのですが、きっとまたいつか再会したいと思っています。
[PR]
by melbournedayori | 2006-06-19 21:15 | 豪州&メルボルンのネタ
ゴルフ場のクラブハウスで送別会
いよいよ残る日々も少なくなってきて、今日も送別会でした。教会の姉妹たちで、毎週聖書を持って集合して、たくさんお話を聞かせていただいた先輩たちです。
b0015002_20514444.jpg

ゴルフ場のクラブハウスでランチ。結婚式などもされたりするという、なかなか素敵なレストランでした。

私はゴルフには縁がないのですが、この送別会を予約してくださった方は、歴史のある素晴らしいクラブの会員で、毎週プレイされていて、食事中も、行きかうオージーのお友達とにこやかに話されたり、ご紹介していただいたり。ゴルフにまつわるお話も、なかなか楽しく聞かせていただきました。
b0015002_20521927.jpg

私がいただいたのは、

ズッキーニのスープ、北京ダックのサラダ、人数分だけしか焼かないので予備は出せないというパン、

これだけでもう、お腹も一杯ですが、さらに(ベツバラ~)、デザートは一人前を二人で半分ずつ分けていただきました。

デーツのプディング。しっとりとしたプディングにキャラメルソースがかかって、生クリームをたっぷり添えて、カプチーノとともに、とても美味しかったです。

ご馳走様でした♪
[PR]
by melbournedayori | 2006-06-16 20:54 | 豪州&メルボルンのネタ
きのこ狩り
といっても、美味しいきのこではなさそう・・・。毒キノコに注意の立て札のある植物園。職員さん(と思うのですが)が集めてらっしゃったものです。足元においたまま、お二人で盛んに何かお話をされていましたので、そっと横からこっそりと写真を撮らせていただきました。
b0015002_1904228.jpg

斑点のある大きなキノコ、男性の職員さんの靴と比べてみていただくと、その大きさがわかりますね。

私も、この日(5月24日)午後、ゆっくりと園内を歩いていて、いくつもキノコが生えているのをみつけました。キノコに覆いかぶさるようにカビが生えているのもたくさんみつけたのですが、あまり気持ちの良いものでもないので、その写真は撮りませんでした。
[PR]
by melbournedayori | 2006-05-26 09:28 | 豪州&メルボルンのネタ
天使と落ち葉の妖精たち
良い天気の秋の植物園。
こんな天使がニコニコと遊んでいました。^^
b0015002_192671.jpg

落ち葉の舞い散る仕掛け人は、もちろん右隅にいるダディで、ちょっと離れたところでマミィが写真を撮ってました。
b0015002_1925478.jpg

[PR]
by melbournedayori | 2006-05-25 08:34 | 豪州&メルボルンのネタ
鳥の餌付け
b0015002_21541720.jpg

ABC放送のサイトで、オーストラリアの動物の鳴き声を聞くことのできるページはこちらから、どうぞ。

b0015002_18215172.jpg餌付けの写真が、もう少しあるので、アップします。見て行ってください。





手のひらに餌を持っている人をめざとく見つけて、鳥たちが集まってきます。餌はひまわりの種です。b0015002_1824171.jpg








白いオウムは、けっこう大きさがあります。餌のつもりで手のひらをつんつんされると、ちょっと痛そうです。

キバタン (英名: Sulpher-crested Cockatoo, 学名: Cacatua galerita)

b0015002_1831977.jpg赤い鳥は、アカクサインコ(赤草インコ) (Crimson Rosella) ほとんどが赤で黒い模様と蒼のラインが入ります。

幼鳥のときは全身が緑色の羽根で被われているとのことで、白いオウムとともに写っている鳥は、おそらく大人になりかけなのでしょう。

赤草インコ 
インコ科ヒラオインコ属、学名: Platycercus elegans
英名は Crimson rosella。






この左の写真の上側に写っている鳥は、たぶんですけど、きんしょうじょうインコ (金猩々インコ)のメスかなと思うのですが・・・、写真を見ながらネットで調べただけですので、違うのかも?


オスは頭から胸にかけて明るい赤色、羽は緑色、尾羽が青色。
メスは頭が淡緑色、胸は明るい赤色、羽は緑色、尾羽が青色。
b0015002_7365526.jpg
この右の頭から腹部が赤く、緑色の羽の鳥が、このキンショウジョウインコのオスだと思います。

インコ科キンショウジョウインコ属
学名;  Alisterus scapularis
英名: Australian king parrot







b0015002_7404759.jpg
だいたい鳩くらいの大きさの桃色インコ。
腹部が鮮やかなピンク色、羽は灰色です。

オウム科モモイロインコ属
学名: Eolophus roseicapillus
英名は Galah
[PR]
by melbournedayori | 2006-05-08 19:01 | 豪州&メルボルンのネタ
ダンデノン山
b0015002_16392292.jpgこのツァーのあとで熱を出して寝込んでいました。今もまだ咽喉が痛いのですが、熱は下がって、少しずつ体調復帰中です。

行ったのは5月4日。教会の婦人の集いで、ダンデノン山にランチ&ドライブに出かけてきました。メルボルン市内から車で約一時間の場所で、豊かな自然の中に、美味しいレストランや、スコーンなど有名なお店もあって、人気の場所です。

ダンデノン山は標高600mほど。身近な山で比較だと、神戸の六甲山は標高931mだということで、約3分の2くらいの山??

この予定が決まってから、とても楽しみにしていたのに、当日になって、明け方から調子が悪くて、これは風邪を引いたらしい、あとで熱を出すかも・・・。美味しいランチもちゃんと食べられるかなとのコンディションでしたが、なかなか無い機会ですので、思い切って、とりあえず出かけました。b0015002_1640561.jpg

オリンダの町で、有名なパイのランチ。何度もここのメニューは受賞しているのだそうです。豆のスープにミートパイが入って、上にマッシュポテトを載せてあります。フライドポテトやサラダもつけられますが、私は、この一品だけで十分お腹がいっぱいになりました。^^値段は11ドル50セントです。

このお店の周りには、アンティークショップなどもいくつもあって、散策、とても良い雰囲気で楽しめます。
b0015002_18124530.jpg
そのあと、展望台からの眺めを楽しんだり、鳥たちにえさをやったり。数時間の小さな旅でしたが、また機会があればいってみたい場所です。もう無いかもですけど。(^-^;

写真の赤いインコは私の帽子に止まっています。手にえさを載せての餌付けは、遠慮しました。(^-^; 鳥の名前は アカクサインコ (Crimson Rosella)

その他、コカトゥー (cockatoo:オウム)、モモイロインコ(Galah)などと、あと数種類名前のわからない鳥たちがいました。
b0015002_2234652.jpg

メルボルンに住んでいる人々には、身近な憩いの場所、チェリーピッキングや、栗拾いなどもできるのだそうです。
[PR]
by melbournedayori | 2006-05-06 19:02 | 豪州&メルボルンのネタ
子供たちの遊び
日本とオーストラリア、国は違えど、子供たちは同じような遊びもしています。

写真№1、№2は、植物園内に遠足に来たらしい子供たち。円形に座った子供たちの周りを、二人の子供が走っています。

(写真№1)
b0015002_10512996.jpg


(写真№2)
b0015002_10521364.jpg


写真№3、4は、休日の午後に、家族でピクニックにきていて、たくさん食べた後は、ボールや凧揚げに興じる子供たちです。

(写真№3)
b0015002_10525844.jpg


(写真№4)
b0015002_10533891.jpg


オーストラリアの鬼ごっこのことで、日本で教師をしている娘から質問が来て、ネットで探してみて、びっくり! 私も子供たちも知らなかったのですが、オーストラリアの鬼ごっこは、男女の2チームに別れて、鬼が相手チームの子にキスをするのだそうな!?

本当なのかどうか、とりあえず 「google」 で、「オーストラリア、キス、鬼ごっこ」で検索してみると、すぐにその話題の出所がわかりました。テレビ番組のトリビアで数ヶ月前に放送された話なのだそうです。ごらんになった方、いらっしゃいますか?

子供の遊びとはいえ、キスに関する話題は、むやみに知人の子供たちにも聞けないので、20代前半のオージー男性二人に、メルボルンで、キスをする鬼ごっこが存在するのかどうか聞いてみました。

答えは・・・。

一人は知らない。したことも無い。
(でもそのあとで、その人は自分の彼女に、「今日それをしようか」、ニヤニヤ、と話してました。)

一人は知ってるけど、一般的では無い。ゲームの名前は「kiss chasing 」という、とのこと。

機会があれば、その遊びについて、ここで子育てをされている、ほかの方々にも聞いてみたいと思っています。

オージーも知らない遊びが、トリビア番組で、日本では、中学生も知っているオーストラリアの常識になっているのかも・・・。不思議なことですねぇ。
[PR]
by melbournedayori | 2006-04-20 12:29 | 豪州&メルボルンのネタ
Queen Victoria Garden
カップルの多い庭園なんだそうな。
でも、聞いていたほどに、カップルは見当たらず、球技に興じる人、一人で散策中の人が多かったです。

「ハンマー投げ」している人
b0015002_17572880.jpg

うららかな小川を覗き込んでいる子供たち
b0015002_1758192.jpg

小さな疑問なんですけど、こういう像って服を着せないものが多いですね、どうして?
[PR]
by melbournedayori | 2006-03-27 22:15 | 豪州&メルボルンのネタ