メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:豪州&メルボルンのネタ( 170 )
フープ・パイン(Hoop pine)
b0015002_0425267.jpg時折、このブログに立ち寄ってコメントを書いてくださるHOOPさんの木に、植物園(Royal Botanic Garden Melbourne) で、出会いました。思いがけず昔の知り合いにでも出合ったような感じです。

これまでは、フープといえば、バスケットボールのゴールか、昔懐かしいフラ・フープを思い起こしておりましたが、これからは、この木に変わりそうです。^^

Hoop pine 、とても背の高い木です。
顔の上にカメラを載せるようにして、写真を撮ってきました。
b0015002_0431136.jpg

ナンヨウスギ科(Araucariaceae) 
英語名 フープ・パイン(Hoop pine)
別名   Sapin De Montagne, Bunya Pine, Columnar Pine, Klinki Pine, Pin Colonnaire, Norfolk Island Pine, Bunya-Bunya

この木の用途は 、構造, フローリング, 船舶, ダウエル, スポーツ器具, チップ, 包装用, 内装, ジョイナリー, 木型, ろくろ細工, 家具

この木は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州、クィーンズランド州、それとパプアニューギニアに分布しているのだそうです。

木の全体の写真や絵は こちら or こちら

材木になった木の写真はこちらで。
[PR]
by melbournedayori | 2005-10-03 16:15 | 豪州&メルボルンのネタ
ラッピング広告 トラム&バスの車体広告
今週は子供たちがスクールホリデー中とのことで、シティに何度も出かけてきました。
トラムにも久しぶりに乗りました!
ということで、シティで目立ったバスやトラムの車体広告を、ご紹介します。
b0015002_22543661.jpg

↑ これは、ラッピング広告の赤いトラムです。
かわいい犬たちが、駆け回っている絵。犬のおやつのメーカーさんの広告とのことです。 
b0015002_22545383.jpg

↑ 次のも、トラムで、車の広告です。
b0015002_22551125.jpg

↑ 今度は、男性下着の広告。
b0015002_22553055.jpg

↑ 男性が出たあとは、もちろん女性です。これはバスの車体に。
b0015002_22555088.jpg

↑ 最後は、これ。
とてもオージーらしい広告。DOVE FIRMING LOTION の宣伝とのことです。
バスの横っ腹に、この健康美女性の下着姿。かなりの迫力です。
このモデルさん、スリーサイズ、ブラはいったい何カップなのかな・・・・? 
[PR]
by melbournedayori | 2005-09-30 16:06 | 豪州&メルボルンのネタ
フリンダース駅前にて  待ち合わせ
メルボルンのシティの玄関、フリンダース・ストリート・ステーションは、一番人気の人との待ち合わせ場所です。
b0015002_2375854.jpg

携帯を片手に人待ち顔で行ったり来たりの男性や女性、お揃いのファッションも独得の集団がいたり、「いったい何年ぶりに出会ったの?」と、日本人的な感覚だと、ついそう思っちゃいそうな勢いで、ひしと抱きあって再会を喜んでいる人々。そんな光景が毎日繰り広げられています。

この時計の付いた駅舎が、アニメ映画「魔女の宅急便」に登場する、ヒロインが、ほうきに乗って空から降りてくる街並みの建物のモデルであろうというのは有名な話です。

電車から降りて階段を上がってくると改札を出る前に、広々としたフロアがあります。ここにはカフェもあって、座れる場所もあるので、お茶を飲んだり何か食べたりしながら待ち合わせも多いようです。

この日の私の朝ごはんは、この駅の中で買った一個2ドルのベルギーワッフルとカプチーノ。一ドル追加すると、チョコレートなどのトッピングもしてくれますが、プレーンのを食べました。焼き立てでふんわり ~♪
b0015002_2382529.jpg

改札口を出た場所にもお店が少しあって、新聞を売っていたり花屋さんがあります。
b0015002_238454.jpg

ここで、この交差点のパノラマを観ることができます。トラムや二階建てバスも登場してます。

駅前の交差点に面した広い階段からは、トラムやバス、ほかの車が四方から次々にやってきて、また去っていくのが眺められます。交差点を渡る人々も移民で成長してきた都市らしく、たくさんの人種が混ざり合って流れていきます。

下の写真の左端の上部に「i」の字のついたインフォメーション用の機械、今回、初めて見ました。手でふれると写真や地図が現れます。なかなかスマートな感じで、画面を操作して何かの情報を得てはどこかへ行く人の様子も飽きずに眺めて、けっこう楽しみながら友人の到着を私も待っていました。
b0015002_23102685.jpg

[PR]
by melbournedayori | 2005-09-27 08:45 | 豪州&メルボルンのネタ
展覧会「Dutch Masters From the Rijksmuseum, Amsterdam」
今週末で終了の NGV International での展覧会「Dutch Masters From the Rijksmuseum, Amsterdam」を鑑賞してきました。 
b0015002_23114561.jpg

ナショナル・ギャラリーの前で、道路に貼り付けて絵を描いている画家がいました。写真を見ながら、巨匠の絵をパステルで描いてました。大変上手です。
b0015002_23121431.jpg

ナショナル・ギャラリーの横側に貼られた大きなポスター
b0015002_23122751.jpg

今回の展覧会で一番見たかったのは、フェルメールの作品。
展示のあったのは「「恋文」一点だけでした。
思っていたのよりも小さな絵でした。
映画「真珠の耳飾りの少女」で、当時の画家の生活を知ることができて、その作品を生で観る事ができる機会が、早速訪れて、とても楽しみにしていました。
b0015002_23124228.jpg

今回の内容とたぶんまったく同じ構成の展覧会が、10月25日から兵庫県立美術館で開催されるようです。タイトルは「オランダ絵画の黄金時代 アムステルダム国立美術館展」
私が年末に神戸に戻ったときにもう一度観るチャンスがあるとのこと、さきほどネットで検索してみて知りました。日本語で解説が読めるので、また行こうかな~。
[PR]
by melbournedayori | 2005-09-26 21:17 | 豪州&メルボルンのネタ
キリンの看板
b0015002_056381.jpg

動物病院の前で、看板の横に目印の役目で立っているキリンの絵看板です。道路からも良く見えることでしょう。木の枝とうまくマッチさせて、首を伸ばして、木の葉を食べている格好になっています。

キリンの横の看板の「Vet=veterinarian」の意味は獣医です。

b0015002_168476.jpgキリンの看板は世界各地の動物園にも同じような看板があるとは思いますが、そういえばと思い出しました ♪♪

神戸のハーバーランドにはビルの前に、これもかなり背の高いキリンの像があります。
夜は写真のようにライトアップされて光っています。
[PR]
by melbournedayori | 2005-09-21 16:15 | 豪州&メルボルンのネタ
メルボルンのブランコ
ワシントン通信 2.1~地方公務員から転身した国際公務員のblog
日米のブランコを比較する。からトラックバックさせていただきました。
b0015002_057766.jpg

b0015002_0572134.jpg

慶長さんの日米の比較では、すっぽりと腰まで入って足を固定式のアメリカ、オーソドックスな形の立ちこぎのできる日本ということでしたが、メルボルンでは、両タイプ一緒に並んでました。ということで、オーストラリアでは、一応、立ちこぎができるようです。ちょっと足元は不安定ですけど・・・。

この公園は、場所はメルボルン郊外の住宅街の中、時間はスクールホリデーに入ったばかりの平日午後一時過ぎです。小さな公園には誰も遊びに来ていませんでした。

日本といっても身近な神戸の公園しか知りませんが、公園の遊具類は、どんどん種類も少なくなり、危険があったためか、ブランコも巻き上げられて遊べない状態のところもけっこうあったように思います。

昔、必ずあった、シーソーや、ジャングルジム、名前は思い出せませんが細長い木にハンドルがいくつも並んで何人も縦に並んで座れて揺れる遊具など、いつのまにやら姿を消してしまいましたね。

もう一枚の写真はブランコの横の遊具たちです。
b0015002_0573685.jpg

[PR]
by melbournedayori | 2005-09-20 16:20 | 豪州&メルボルンのネタ
メルボルンの十五夜お月様
今夜はとてもよく晴れてくれました。

まん丸お月様です。
現在の気温は10℃。
暖房の部屋を出て外は寒いな~と思いながら撮ってきました。
b0015002_104057.jpg

b0015002_105360.jpg

お月様の表情まで捕らえられる高性能のカメラが欲しいです・・・。
b0015002_11636.jpg

満月から真下、ちょっと右よりに見える、ぽちっと赤い点は飛行機です。
b0015002_112052.jpg

[PR]
by melbournedayori | 2005-09-18 21:26 | 豪州&メルボルンのネタ
裏庭の洗濯物干し場
b0015002_645072.jpg

一戸建ての美しいレンガ造りの家です。娘さんがこちらに嫁がれ、かわいいお孫さんたちの近くにとメルボルンに移住してこられた70代ご夫婦のお宅に昨日伺って、美味しいランチにお茶の時間にと、楽しい時間を過ごしてきました。

家の中もすっかり見せていただいて、洋風の機能的な間取りで暖かな雰囲気の中に、和風のものも上手く取り入れられたりと、見習いたいことばかり、たいへん勉強になりました。

こちらでは、ご覧のように広い裏庭があって、芝生が植えられていて、大きな倉庫や離れや作業スペースなどがあって、と、こういうゆったりとした家が本当に多いのです。

さて、洗濯物干し場。裏庭がたっぷりとある家にはこのように、大きなパラソルの骨を庭の真ん中に突き立てたようなのが装備されています。

広い家ばかりではなく、我が家のように狭いユニット形式だと、裏庭の洗濯物干し場は、↓
b0015002_6454755.jpg

お隣の庭との境界線の垣根にぶら下がるようにジャスミンの花たち。洗濯物を取り入れるときに、ジャスミンの花が、しっとりと香ってくるようになりました。一応、物置小屋もあるのですが、今のところ、ここには何も入ってません。

我が家の庭もそろそろ、また草を刈らなくちゃ・・・。
[PR]
by melbournedayori | 2005-09-16 09:04 | 豪州&メルボルンのネタ
メルボルンでの電車の話題・二つ
面白い話と怖い話の二つです。息子が金曜日に友人の誕生日会ということでホームステイ先にお泊りで出かけて、乗った電車での出来事。
b0015002_1402946.jpg

写真は、我が家近くの駅で。話題の中での電車は、このコネックスとは違う電車会社のものになります。

話題は時間を追って順番ということで、まずは、面白い話題のほうからご紹介しますが、メルボルンで電車に乗ることのある方は、特に二つの目の話題、事件ですので、忘れずに読んでいってください。

さて、まず最初の話、

時間帯は急行電車も何本もある金曜日の夕方です。シティ経由で、友人宅に行くラインに乗ったのでしたが、その電車も急行でした。シティから発車して、男性の声でアナウンスが始まりました。どうやら電車の運転手さんからのメッセージ。

以下は、息子からの聞いた話ですので、仔細は微妙に違うかと思いますが、だいたいこんな感じ。

「ご乗客の皆様、ご乗車ありがとうございます。この電車は、エクスプレスの××駅までの電車です。立っている方以外は、ゆったりとエンジョイしてください。立っている方が座りたかったら床の上でもかまいません」

「お降りの際には忘れ物にご注意ください。残されたものは、私が使わせていただきます」

しばらく間をおいて、

「お知らせします。◇両目にお乗りの△△△さんは、今日がお誕生日です。おめでとうございます」

もちろん、周りの乗客も大笑い。名物運転手さんなのでしょうか。アナウンスの調子は、特にふざけた調子ではなくて、英語のわからない人だと、変なアナウンスだとは気がつかなかったと思うとのことでした。

電車内でのアナウンス、私は、めったに乗らないのですが、いつもは、録音された、行き先と停車駅の案内などの短い女性の声のものだけで、生放送の案内は、記憶にありません。息子も記憶にないとのことです。一度だけ、駅でもないところに止まってしまって、「しばらくお待ちください」との緊急連絡の時くらいです。

その愉快な案内のあったラインは、私たちがシティ行きに使用している鉄道会社とは違う会社のものなので、そういう案内放送のあるラインなのかもしれません。知っている方があれば教えてくださいね。

さて、二つ目、友人宅のお泊り会で夜更かしして、土曜校に登校のために、かなり早い時間の電車に乗ったのでした。

時間帯も早いし、土曜日だし、まばらな乗客の中で、事件がありました。

息子たちが、一番前の車両で座っていると、ある中年の女性が半べその顔でその後ろの車両から入ってきたそうです。最初は特に注意していたわけではなく、息子は前に向いて座っていたので、その女性がどのように連絡したのかは、見ていなかったので、そのあとに起こったことを見ての推定です。

おそらく、車内での恐喝にあったその女性は、電車の非常用の電話か、自分の携帯電話で、通報したのだと思われます。

それが、運転手にもすぐさま連絡されたようで電車のスピードが、そのあと急に遅くなって、息子たちがなんだろうと思っていると、警官が駅で待機していて、男性二人の恐喝犯は、すぐにその場で御用になったとのことでした。

電車内での犯罪、そういうことがないように、カメラも車両の四隅に設置されているとのことですが、その女性のように、冷静に対処しないとな、と、話を聞いて思いました。

特に私のような、力も弱くて英語力もそれほどでない人間が、一人で電車に乗るときには、なるべく人目の多い場所を選んで座らなければ、と、怖く思いました。皆様もどうぞ被害にあわないように気をつけてくださいね。
[PR]
by melbournedayori | 2005-09-05 09:10 | 豪州&メルボルンのネタ
ねずみと遭遇
庭で洗濯物を干していると、隅の草むらでごそごそと動くものを発見。

あれ? モグラかな? と、思ってみていると、ねずみでした。

ねずみが2匹、何かを食べているのか、ごそごそと、草の中を行ったり来たり、
そのときは、私のいることに気がついていなかったので、尻尾までよく見えていたのでしたが、カメラを持って戻ってきて、写真を撮ろうと近寄りすぎたのか、もうそのときは、動きも押さえ気味で、体も隠れてしまってました。
写真は、ねずみが嫌いな人がいそうなので、そうじゃない方だけ見てください。こちらです。
このあと、私がさらに近づいたために、塀の隙間から隣の庭に逃げていってしまいました。
家の中で、ゴキブリやねずみ、見たことがないし、入り込む隙間も無いので大丈夫だと思うのですが、一歩、外へ出ると、こういう生き物ももちろん、生息しているのですね。

これは野ねずみかな? ビアトリクス・ポターの絵本の世界を思い出しました。

ネットでどこかに絵本の絵があるだろうと探してみると、絵本そのまま挿絵と文章も置いてあるサイトをみつけました。ここには、なんと、日本語のものまであります。朗読も聴くことができるので、良かったらどうぞ。^^
[PR]
by melbournedayori | 2005-08-28 16:30 | 豪州&メルボルンのネタ