メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:花・植物( 256 )
(花) クリスマスローズ、ヘレボルス(Helleborus)
b0015002_14553522.jpg

植物園の、私がいつも入場しているゲートからすぐの場所に、両側にたくさんクリスマスローズが植えられていて、花を楽しみにしていました。ようやっと、ちらほらと咲き始めて、写真を撮ることができました。地面に近いところでうつむいて咲いている少々地味な花ですが、控えめな中に、とても優しい雰囲気があります。
b0015002_1456825.jpg

クリスマスローズ

金鳳花(キンポウゲ)科 Ranunculaceae
ヘレボラス属 Helleborus

学名 Helleborus

Helleborus=ギリシャ語の「地獄」に由来。
荒れた土地に自生することから。

英名 Hellebore、Helleborus
   Christmas rose,Lenten rose

原種が15ある中で、品種改良が進められて園芸種がいくつもあります。
「クリスマスローズ」という名前は、イギリスのクリスマスの頃に開花するという意味で名づけられたそうです。
b0015002_14564682.jpg

ウィキペディアの項目は、ヘレボルス(Helleborus)で記載されていました。

ヘレボルス(Helleborus):キンポウゲ科のクリスマスローズ属に分類される植物の総称。 「クリスマスローズ」という呼称はクリスマスのころに開花する「ヘレボルス・ニゲル」だけを指した呼称であるが、日本の園芸市場では「レンテン・ローズ」と呼ばれる「ヘレボルス・オリエンタリス」なども「クリスマス・ローズ」の名前で出回る。(日本語のウィキペディアより)
b0015002_14573077.jpg

写真の花は、無茎種大輪系の H. orientalis の一種かなと推測しています。詳しくはわかりません。

花の大きさは、写真のもので、5~6cm
草丈は、25cmほど。

花に見える部分は萼片に当たります。

緑色の丸い小さいヘレボルスの花も、咲いていました。少し汚れているのかと思いましたが、萼片の先が茶色くなる性質だとのことです。b0015002_1458613.jpg

学名 Helleborus foetidus  ヘレボルス フェチダス

原産 スペイン、フランスの南部

草丈は、約50~80cm、細かく茂る葉が特徴。
学名Helleborus foetidus
常緑多年草(耐寒性)

クリスマスローズの花言葉 
      慰め、追憶、私を忘れないで、私の不安を取り除いて、スキャンダル
      思い出を懐かしむ 私を安心させて

クリスマスローズの根から絞った汁には毒が含まれているとして、昔は狩猟に使う毒矢に使ったり、精神の病気の治療薬に使用もされたそうです。ということで、毒には注意しましょう。
[PR]
by melbournedayori | 2006-06-11 15:09 | 花・植物
(花) ヒビスクス・インスラリス Hibiscus insularis
b0015002_1704942.jpg

絶滅寸前の花、珍しいアオイ科の花です。

自生地は、メルボルンの近くのフィリップ島と、ノーフォーク島だけにあるのだそうです。もちろん、保護されていて、貴重な花なのですが、植物園では、そういう表示もなく、初めて私が花を見つけたときには、その近くに、名札もありませんでした。でも、昨日、ようやっともうひとつの場所で、名札を発見して、ここにアップできて、嬉しいです。間に合ってよかったです。^^

家畜などの飼料として、この花は刈り取られてしまって絶滅寸前までいたり、1980年代後半には、自生の地域は、ペンギンパレードで有名なフィリップ島と、その北東1700Kmにあるノーフォーク島だけになってしまったのだそうです。フィリップ島は、メルボルン観光の目玉のひとつの、メルボルン市内から東南約140km、ウエスタン・ポート湾の入口に浮かぶ100平方kmほどの小さな島です。
b0015002_172145.jpg

ヒビスクス・インスラリス 

学名 Hibiscus insularis
英名 Philip island hibiscus

アオイ科 Malvaceae
フヨウ属 hibiscus 

インスラリスは、「島に産する」の意味
常緑低木
開花は一日だけの命です。
花の直径は8cmほど。

英文のサイトで、花びらの外側は黄色で中のほうが赤いとの説明がありますが、私の撮った花は、全体にピンク色で、花びらは、くるりと巻き込む形になっていました。
b0015002_1742447.jpg

[PR]
by melbournedayori | 2006-06-10 17:13 | 花・植物
(花) シキンツユクサ Tradescantia blossfeldiana Mildb.
b0015002_1143080.jpg

昨日に続いて、もうひとつツユクサ科ムラサキツユクサ属の花です。

これまでのツユクサの花は↓
b0015002_118574.jpgセトクレアセア・パリダ Tradescantia pallida 
紫露草(ムラサキツユクサ)Tradescantia

今回のこの花は、さらに小さい花でした。せいぜい7mmくらい。
そして、細かい毛がツボミも花にもいっぱいです。


トラデスカンティア・ブロスフェルディアナ 
Tradescantia blossfeldiana Mildb.

学名 Tradescantia blossfeldiana Mildb.
英名 flowering inch plant
和名 シキンツユクサ

ツユクサ科 Commelinaceae
ムラサキツユクサ属 Tradescantia
b0015002_1182180.jpg

原産 ブラジル
多年草

和名のシキンツユクサの漢字を探していますが、見当たりませんでした。
学名のカタカナ読みの表記も、色々な書き方があります。
 トラデスカンティア・ブロスフェルディアナ 
 トラデスカンチア・ブロスフェルディアナ 
 トラディスカンティア・ブロスフェルディアナ 
 トラディスカンチア・ブロスフェルディアナ
 ブロスフェルディア
[PR]
by melbournedayori | 2006-06-10 11:17 | 花・植物
(花) セトクレアセア・パリダ Tradescantia pallida
日本も梅雨入りですので、ツユクサが咲いていると思うのですが、こちらでは、紫色のツユクサ科の花が咲いていました。
b0015002_178159.jpg

撮影は、本日、植物園にて。

「紫御殿」「パープルハート」と言う園芸品種があるようです。

セトクレアセア・パリダ
学名:Tradescantia pallida cv. Purpurea (=Setcreasea pallida cv. Purple Heart)
b0015002_179681.jpg

英名 Purple heart, Wandering Jew

ツユクサ科 Commelinaceae
ムラサキツユクサ属 Tradescantia

セクトレアセアは旧の学名になるそうです。

属名の Tradescantia は、17世紀に活躍した英国のプラント・ハンターの、John Tradescant the elder and the younger(トラディスカント父子)の名前にちなみます。
b0015002_1793623.jpg

原産 アメリカのルイジアナ州、フロリダ州、メキシコ東部
常緑多年草
草の高さ 30cm
花の大きさ 1cmちょっと。
[PR]
by melbournedayori | 2006-06-09 17:11 | 花・植物
(花) 椿科の花たち (Camellia)
多くの庭や、ボタニック・ガーデンには、今、ツバキ科の花たちが、たくさん咲いています。
早いものは、3月からも咲いておりましたが、ご近所の庭では、ようやっと咲き始めた木もあって、まだまだシーズンは終わりそうにはありません。
b0015002_22513172.jpg

この赤い花は、6月6日に通りすがりの庭で撮影しました。ここから下のは、5月15日、24日に植物園で撮影しました。植物園のカメリアコーナーには、たくさんのカメリア属の木が植えられています。

ポトンと花がそのまま落ちるのが椿で、一枚ずつ散るのが山茶花と言う風に覚えています。
どちらの種類も、たくさん咲いて、咲き終わって、芝生の上に大量に落ちています。
b0015002_22562726.jpg

ツバキの花言葉 贅沢、おしゃれ、至上の愛らしさ、謙遜の美徳、理想の愛、謙遜
      完全な愛、完璧な魅力、誇り、控え目なやさしさ、美徳、おしゃれ、
      理想の恋、私は常にあなたを愛します。
      (赤) 控えめな愛、気取らない美しさ
      (白)申し分のない愛らしさ、理想的な愛情、冷ややかな美しさ
サザンカの花言葉 困難に打ち勝つ、ひたむきさ、理想の恋、ひかえめな心
      (白) 愛嬌、理想の恋
      (桃・赤) 理性、謙遜

More どうぞ、もう少しご覧ください
[PR]
by melbournedayori | 2006-06-07 23:26 | 花・植物
(花) コルクホウニア・コッキネア Colquhounia coccinea
b0015002_235118.jpg

日本語での情報の少ない花です。

学名 Colquhounia coccinea
中国名 炮仗花

Colquhounia 属名は、19世紀の Sir Robert Colquhounia に、ちなみます。
Colquhounia属は、6種類が存在しています。

シソ科Lamiaceae
コルクホウニア属Colquhounia
原産 中国の西部、ヒマラヤ

常緑小低木
木の高さ 1~3m
b0015002_23513182.jpg

[PR]
by melbournedayori | 2006-06-07 00:06 | 花・植物
(花) 水仙 DAFFODIL
何スイセンなのかは知りませんが、確かに水仙の花です。
植物園にて、5月24日に撮影しました。

水仙の花は、一定の寒さに当たらないと開花しない性質を持つのだそうです。
日本から暑いとのメッセージを受け取る中、メルボルンは昨夜もとっても寒かったです。
最低気温が2度くらいまで下がっていました。今も寒い・・・。
b0015002_1192622.jpg

一番寒い時期に、すっと伸びて、濃い緑の葉に、中央が黄色く白い花びら、うつむきつつ、可憐な花を咲かせています。やはり、少女のイメージでしょうね、これって。^^
b0015002_11115055.jpg

Narcissus cvs

科 : ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
属 : スイセン属 Narcissus

原産地 地中海沿岸・北アフリカ
     スペイン・ポルトガル

昨年の7月に咲いていた黄色い水仙は、こちら
このタイプは、ちらほらと咲き始めています。
12月も押し迫って咲いていた、淡路島の水仙郷の水仙はこちら
b0015002_11144353.jpg

花言葉 うぬぼれ、自己愛、自尊心
      気高さ、愛をもう一度
[PR]
by melbournedayori | 2006-06-05 11:19 | 花・植物
(花)グラジオラス Gladiolus
b0015002_14382361.jpg

強い風が吹いた日、いつものお買い物に行く道から少し入ったところに、スウィングする背の高いオレンジ色のきれいな花が並んで咲いている家があるなと、かなり前から気がついていました。そのうちに、青空の風の吹かない日になったら、写真を・・・と思いつつ、なぜかずっと写真を撮りに行き損ねておりました。

写真は6月2日に撮影しました。このオレンジ色の花は、グラジオラス。夏場の花だと思うのですが、今は冬のはずなのに、とても元気よく咲いています。
b0015002_1439798.jpg

グラジオラス (Gladiolus)

アヤメ科 Iridaceae
グラジオラス属
和名 グラジオラス、トウショウブ(唐菖蒲)、オランダショウブ(阿蘭陀菖蒲)

ラテン語の「gladium(剣、小刀)」が語源。葉が剣の形であることから。

原産地 アフリカ・地中海沿岸
b0015002_14394427.jpg

花言葉 用心深い、楽しい思い出、
たゆまぬ努力、勝利、密会、用心
    愛の祈り、堅固、尚武、武装の準備ができた
    情熱的な恋、忍び逢い、思い出、用意周到
    努力、忘却

やたらと花言葉がたくさん出てきました。

「忍び逢い」「密会」というのは、携帯やメールのない時代に、恋人たちがデートの約束をするのに、この花で、こっそりと相手に「密会」の時間を知らせていた、そのあたりからなんだって。
[PR]
by melbournedayori | 2006-06-04 14:42 | 花・植物
(花) ネリネ (Nerine, Diamond lily)
2006年 03月 28日にアップしたのは、彼岸花によく似た赤いネリネの花の写真でしたが、ちょうどその頃に、3個2ドルくらいの安さで買ったピンクのネリネの球根、私がこの家を去るまでは、おそらく花も無理だろうと思っていましたのに、ひとつだけはすぐに芽が出て、ぐんぐんと成長して花も咲かせてくれました。
b0015002_8337100.jpg

写真は、本日の朝の私のネリネの鉢植えです。いまや満開の長女。次女と三女は、まだ土の中でのんびり過ごしています。えぇ・・・、うちの三人娘と似ているかも?(笑)

ブログのロゴ画像にて、花の成長ぶりを、時々お見せしてきたのですが、今はツボミも全部咲き満開になりました。
b0015002_834061.jpg

ピンク色と白色のネリネの花は、寒さにも強いらしく、ここ数ヶ月、あちこちでよく咲いています。先月のダンデノン山にドライブのときも、道路沿いにピンク色の花を見つけることができました。
b0015002_8374077.jpg

上の写真は、これほどネリネを大量に植えている家も珍しいのですが、ご近所に、このように庭と歩道の境目に、ずらりと咲かせている家もあります。
b0015002_8381432.jpg

これは、昨日見つけた、また別のご近所さんの白いネリネの花です。

前回には、メルボルンでは、ネリネは葉と花が別に出るらしいと書きましたが、これも品種によるらしく、うちのネリネは、花だけしか出ていませんが、ご近所の花壇では、葉ものびて花も何度も入れ替わりつつ咲き続けているようです。
[PR]
by melbournedayori | 2006-06-03 08:40 | 花・植物
(実) カリカルパ Callicarpa giraldii
b0015002_1782871.jpg

カリカルパ Callicarpa giraldii(名前は植物園の名札にあったものです)

日本の「ムラサキシキブ(C. japonica)」の仲間です。
藤紫色の小さな実がいくつも塊となっています。

カリカルパ(Callicarpa)=ギリシャ語の「callos(美しい)+carpos( 果実)」

クマツヅラ科ムラサキシキブ属
落葉低木
b0015002_179577.jpg

英名 Beautyberry, Bodinier beautyberry。
原産 中国の中部~西部

ムラサキシキブ(カリカルパ)属は、亜熱帯、熱帯や温帯に約140種が分布する低木、高木です。ムラサキシキブ(Callicarpa japonica)は北海道から九州に見られ、庭木としても利用されています。
b0015002_1793891.jpg


花言葉 愛され上手、聡明な女性、聡明

あの源氏物語を書いた紫式部のイメージそのままの花言葉ですね。
[PR]
by melbournedayori | 2006-06-01 17:14 | 花・植物