メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2004年 11月 ( 43 )   > この月の画像一覧
帰国してみたら
神戸に戻って3日経ちました。
メルボルン生活の後遺症がボツボツと出てます。

・横断歩道の信号機のボタンを探す。(メルボルンでは歩行者用の信号は自動的に変わらない)

・電車の乗り降りで、ドア開閉のための取っ手やボタンを探す。(これもメルボルンでは自動的に開けてくれない)

・歩いていて当たりそうになってしまった人に「Sorry」と言いそうになる。

・2時間とはいえ、ちょっと時差ぼけ気味。やたら早く眠くなる。

・店員さんが全員日本語なので、買い物するとき、スムーズで嬉しい。(自分の英語がいかに貧弱かという話なんだけど、とりあえず嬉しいよ)

・三宮まで出かけることを、「シティに行く」と言ってしまう。

・電車で回数券を買おうとして、券売機の使い方にまごつく、さらに、回数券の値段をド忘れ・・・。新札受け付けない機械だったので混乱したせいもあるのですが。

・自分の家なのに、もののありかがわからなくて、人の家にいるみたいな気がたまにする。

・日本語も怪しいわ・・・旅の疲れなのでしょう、きっと。
b0015002_18424192.jpg

いまのところ、こんなところ。ぼちぼち感覚も戻ると思いますが。
一休みして、買ってきた御座候でも食べよう~♪
[PR]
by melbournedayori | 2004-11-29 18:43 | クロエの独り言
無事、帰国いたしました
b0015002_0504234.jpg上天気のメルボルンから、香港経由で、関空へ、そして、神戸の自宅に、たどりつきました。
機内では、「世界の中心で愛を叫ぶ」、「Notebook」、ほかを鑑賞しつつ。
「セカチュー」では、何度か涙ぽたぽた・・・。
小説よりも泣けました。
この映画のタイトルが、映画案内では、誤植→
   
 「アイタ」と叫ぶのね?・・・イテテ

私は窮屈な座席のせいで、数日前に痛くなって、ちょっとはましになりかけていた肩に加えて、腰も痛い・・・イテテ
疲れているけど、久しぶりの我が家、留守の夫に娘達の再会で、家族全員なかなか寝付けそうにありません。^^

自宅のネットは光に変わったとのこと、速いよ、このブログの画像アップも、すっと入るの、( @.@)ノ
[PR]
by melbournedayori | 2004-11-28 00:52 | クロエの独り言
明日、帰国です
明日、土曜日にいよいよ帰国、朝早く出て、夜遅くに神戸に♪
来年の1月20日まで、なので、けっこう長居できます。

メルボルンからの記事は、その間お休みになりますが、神戸から、映画や食べ物の話はアップしていくつもりです。それと震災十年目を迎える神戸の様子もお伝えできるものを探しつつ、過ごしたいと思ってます。
どうぞ、これからもよろしくお願いします。
b0015002_15395259.jpg

写真は、シティのデパート、マイヤーのクリスマスウィンドウを眺める人々、人がいっぱいで、その後ろから一枚だけ・・・。ガラスに外の景色が写ってしまうので写真は、あまりきれいにとれないみたいです。今年のテーマは「ポーラー・エクスプレス」。普段は、商品がディスプレイされるショーウィンドウに、物語のシーンが再現されて、毎年子供も大人も、これを見るのを楽しみにしているとのことです。
[PR]
by melbournedayori | 2004-11-26 15:40 | 豪州&メルボルンのネタ
(映画)NATIONAL TREASURE
インディ・ジョーンズのパクリものみたいだし、主演のニコラス・ケイジさんは、雰囲気あまり惹かれないとか、思いながらも、観にいって、けっこう楽しんできた。

ニコラスさん、これまで、眉の形からか、ウチの家では「情けない顔付き」の代表だと酷評してきてたけど、大変失礼しました、そんなことないよ~♪

お相手の美女ディアーヌ・クルージェさん、「トロイ」のヘレン役の、古風な衣装もきれいだったけど、今回のちょいドイツ訛りの優秀な博士役では、仕事上の顔、パーティで完璧に装った姿、そして、後半の普段着っぽいラフな格好と、どれもおしゃれでステキ♪ 

それと、忘れてはいけないのは、主人公ベンの相棒のジャスティン・バーサさん、今後の活躍が楽しみな若い俳優さんで、台詞、すごく受けて、特に私達の後ろに座った女の子たちは、彼が何か言うたびに、笑い声たててた。

今回は悪役ながら、「ロード・オブ・ザ・リング」でボロミア演じていて、あまりにも出番の少なかったショーン・ビーンさんは、もちろんたっぷりと出てくるよ。(ボロミアファンが、身近にいるんです・・・)

今年はこれで、メルボルンでの映画は見納め。
日本に帰国中に観たい映画も次々くるので、また戻ってきたら、バリバリと観なくちゃ♪
[PR]
by melbournedayori | 2004-11-26 14:54 | 映画
Pagerank Status
ブラウザの 「Googlebar」 を、再度ダウンロードしたついでに、「Google Pagerank Status」 も、入れてみた。
今現在、「Firefox」の拡張機能、7種類導入中、
これって少ないほう?それとも多いほう?

さて、ページのランク、この「メルボルン便り」は、「1」
まだ最低ランクかと、早とちり、 
このところ、見てくださる方は徐々に増えているけど、まだまだだ~と、いつもの巡回先のランクを、見て廻っていると、まだ下の「0」もあるのに気がついて、ちょっとウレシイ。

見て下さっている皆様、本当にありがとうございます。
カキコしてくださる方も、出会った時に直接感想をいただいている方も、励みになります。
これからもどうぞよろしくお願いします。
                    
              ┌|∵|┘ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ
[PR]
by melbournedayori | 2004-11-25 09:13 | Webで出会う人々
学生ビザの更新
お役所仕事に怒り爆発です・・・。

娘のビザが、卒業までまだもう一年あるのに、来年一月半ばに切れてしまうので、追加で一年分のビザを取得するために、準備してきていたのが。結局あれやこれや、すったもんだで、帰国の予定直前になって間に合わず・・・。

そうなった理由は、通っている学校の留学生担当の先生が、笑顔で「ちゃんとビザの手続きをしてあげますよ」って言うものだから、うっかりそれを信じて傍観していた、自分にもあるとは思うし、言われた書類さえ埋めて提出すれば簡単にできると、たかをくくっていた娘にもあるけど・・・。

人任せにしてはいけない、本当に痛い思いをして、学ばせていただいた。

でも、健康診断が必要だとか、来年度の授業料の支払いとか、学校側が最初にチェックするべきものを放置して、日数のかかる手続きが後回しになり、時間切れになった責任は、一番ひどいはず…。そういったことを書いた書類があるのに、それをそもそも渡すのを忘れていたよ。そういうものの予約の電話は、その先生がしてくれたのだけど、「自分で行ってね」と言われ、「じゃ、その医療機関や移民局の住所や電話番号をください」と言うと、こちらが受け取ってもいない「書類に書いてあったでしょ」って返事で、やっと娘がそのことに気がついたのだけど、ご本人は、それでも渡したはずだと思い込んでいるみたい。

授業料のことは、最後に書類を整えて、学校でももちろんチェックしてから、移民局に行って初めて言われたの。請求書すらまだ発行してなくて、あわててその先生が電話で作ってもらえるように手配して、ソッコウFAXで送ってもらって。

娘は、テスト期間中なのに何度もその先生の事務所に顔出して、手続きの進み具合を確認に行っていたら、「何で来るの」とか言われたらしい。間に合わないといけないから、行くでしょ、普通。

これまでもそうだけど、その先生と話をするたびに、娘は・・・_| ̄|〇

この先生、4年前に初めて子供たちのビザのための入学許可書を、日本に郵送してきたときも、名前の綴りを間違えて、また連絡とって今度はメールに添付でこっちで印刷して、でなんとか間に合わせたし、息子の生徒証の誕生日を姉と同じ日付にしたままで、訂正して欲しいと申し出ても放置しっぱなしだったとか…。息子が転校したときも・・・・。まだまだあれやこれやと、キリが無いよ、ホント。

次々に起こる問題で滞るごとに、ことあるごとに自分の責任じゃないって捨て台詞・・・「知ったことか、自分にしてあげられることは何も無い」と言われても、そこしか頼るところがないのに。というか、健康診断の予約を、移民局の予約の前日に入れても、健康診断の結果がオンラインで照会できるようになるまで日数かかるって私でもわかるんだけど、そういう国だよね、ここって。

それと、学校側も電話で移民局に問い合わせを何度もしてくれたらしいのに、その移民局ですら、人によって言うことが違うのもわかったし。そして、私が付き添って、昨日、その移民局に行って、そこでも対応が・・・。

最終的に、次の学生ビザは、健康診断の結果待ちで、まだ無理で、ブリッジビザを発行してもらったのだけど、最初の係官の言うとおりにことを進めたのに、あっちこっちで待たされたあげくに最後に対応した係官は、「そんなビザは作れない、帰国を延ばしなさい」って。4時半過ぎて、帰り支度の職員たちが、わいわいガヤガヤ、で、すったもんだのあと、そこの偉いさんの判断で、特別に作っていただいてきた。

・・・・・できるんじゃん・・・・ほんま、つーかーれーたー!!!!
[PR]
by melbournedayori | 2004-11-24 07:13 | 豪州&メルボルンのネタ
シーザー・サラダ・ドレッシング
土曜日の夜に教会イベントとして、ジャズコンサートが開催され、クリームシチュー、シーザー・サラダ、アップルクランブルのメニューの食事を作った。お客様の数は、最終確認では、115人が来場、教会のスタッフは、午後3時頃から、仕込みにおおわらわ。何キロもの肉に野菜に、台所経験も少ない10代からベテラン50代主婦まで、みんなで何時間も、包丁をふるい、大鍋で炒めたりと忙しく働いた。デザート出し終えて自分達も食事したのは8時半、くたくたに疲れたけど、それからあとはは久しぶりに生でジャズを聴くこともでき、さらに、なんとダンスもしたよ~♪

シーザー・サラダのドレッシングを担当したので、急遽、検索して作ったレシピを公開。

《材料》約8人分(1カップは250ml)
・卵の黄身(大)・・・・・・・ ・・2個 
   生でと書いてあったが、私は沸騰して3~4分だけの超半熟茹でにした
・にんにく(大)皮をむく・・・・・5片 
・ディジョンマスタード・・・・・・大さじ3
・レモンの絞り汁・・・・・・・・・・1/4 カップ
・赤ワインビネガー・・・・・・・・・大さじ2
・ウスターソース(Worcestershire sauce)・・大さじ1
・エキストラバージン オリーブ油・・1カップ
・アンチョビー・・・・・・・・・・・・・1缶(2-ounce)
・塩、引き立ての黒胡椒、少々

《作り方》
①オリーブ油とアンチョビ缶、塩コショウ以外の材料をボールに入れ、混ぜ、あとは、オリーブ油を少しずつ入れながら電動スティックミキサーにて攪拌。緩めのマヨネーズ状態になる。オリーブ油は、できるだけ少しずつ入れる。一気に入れると分離してしまうとのことなので注意。
②細かく刻んだアンチョビーを入れて、さらに30秒ほど攪拌。塩、胡椒で味を調える。

冷蔵庫で3~4日間は保存可能。
しゃきっとしたレタスを一口サイズにちぎり、クルトンと、好みでパルメザンチーズをかける。
クルトンは、少し古いフランスパンをオリーブ油でコーティングし250℃のオーブンで程よい色になるまで焼いて作ることができる。
[PR]
by melbournedayori | 2004-11-22 08:24 | 美味しいもの
洗礼式~LOVING GOD TOGETHER LOVING PEOPLE~
b0015002_725482.jpg

b0015002_7154618.jpg日曜日の午後、聖日礼拝とランチのあとに海辺に移動して、20代の女性二人の、洗礼式が執り行われました。
b0015002_717214.jpg

メルボルンのビーチは、南からの肌寒い風が強く吹いて、曇りで気温もせいぜい16度くらい(私の皮膚温度計でおおよその数値)、しっかりと防寒のジャケットを持参するべきだったのにと、震えながらの参加でした。でも受洗されたご本人たちは、薄着で海水に全身を浸かるのだけれど、上気して、頬もバラ色で、ぜんぜん寒くなかったそうです。

洗礼(バプテスマ)とは、これからの人生を、神さまとともに、そして愛する兄弟姉妹とともに生きることを誓う、クリスチャンとしての第一歩であり、大きな祝福を受けるとても重要な式です。
聖書の中の記述に従い、2000年前にイエス・キリストがヨルダン川でバプテスマのヨハネによって、洗礼を受けられたように、今もこうして、キリスト教会ではバプテスマ(洗礼)をしているのです。
b0015002_725421.jpg写真のように、いったん、水に全身を浸し、身を清めて過去の自分を洗い流し神様に身をゆだねます。

水に漬かるのは一瞬のことで、すぐに洗礼を授ける宣教師や牧師の手で起こしてもらえるので、泳げない人だって心配することはぜんぜんありません。

こうして水の中から再び出されて、神様のいのちにあって新しい歩みを始めます。

母親の胎内で形作られ、出産されてこの世に誕生してきた人間が、今度は自らの意思によって、クリスチャンとして誕生し、キリストを証するものとして永遠の命を授かる瞬間となるのです。
[PR]
by melbournedayori | 2004-11-22 07:28 | メルボルン日本語キリスト教会
ある画像のチェーンメール
そらねっと通信局のSolaさんの「福島の中学生の間で香田氏の殺害画像広まる」にトラックバック。

日本の或る町で、中学生たちが、むごい写真や動画を携帯メールで人に送りつけ、さらに、ほかに送信するようにと指示するといった、チェーンメールの類のものが広がっているのだそうだ。

人の死を悼む感情が、そういう行為をする子供たち(大人もいるよね・・・)には欠如しているのだろうか。自分自身が晒し者になるわけではないから、面白ければそれでいいとの考えなのだろうか。

殺された人の写真や動画がネットに出回ったときに、人々はどう受け止めるのだろうと、いくつかのブログ記事を読んだのだが、私の出会った記事の多くは、そこに画像があるとわかったときに、悪いと思いつつ、見てしまい、見なければ良かったのにと後悔していた。

しかし、その中で、男子生徒が、わざわざ携帯にダウンロードして、学校で見せびらかしていてひどいと思ったとの話や、教師が授業中に、その画像類のネットでの検索の方法まで教えていてあきれたとの話もあった。ブログに書かれた話が、100%真実かどうかという確証はないものの、今回のチェーンメール事件が起こる下地は十分にあったのだと思わざるを得ない。チェーンメールとなれば証拠に残り、発信者のアドレスも特定できるので、こういった新聞記事にもなったのであって、氷山の一角であろうと思うと、本当に空恐ろしいことだ。

Solaさんは、「僕たちは”ひとのこころ”を取り戻せる?」と問いかけている。今、日本だけに限らず、世界中で「壊れたこころ」を持つ人々があまりにも多い。そういう疑問を発する真心を持った人が、少しでも増え、また活躍できるようにと願う。

人の死をあざ笑う行為をするもの、それがその人の魂の死であると、私は考えている。
[PR]
by melbournedayori | 2004-11-20 08:54 | Webで出会う人々
アップルクランブル
オーストラリアの青りんご、グラニースミスで作りました。こちらのりんごはいくつか品種がありますが、たいてい日本のりんごより、一回り小さめです。

アップルパイよりも簡単で、上にかけたクランブルがサクサクと香ばしく、りんごの美味しさを引き立てます。写真のは中にラムレーズンを少し忍ばせてあります。カスタードクリームをかけたり、バニラアイスやホイップクリーム添えで。b0015002_2148232.jpg
《材料》

りんご 4個
砂糖 大さじ2
シナモン 適当
バター 小さじ2
レモン汁 適当
バター 大さじ4
砂糖 大さじ2
薄力粉 大さじ8

《つくりかた》

【1】りんごを薄切りにして焼き型に並べる(20cmパイ皿、キャセロール型など)大きさは厚切りなり薄切りなり、お好みに。。
【2】1の上に砂糖大さじ2、バター小さじ2、シナモンを散らし、レンジで加熱。りんごがしんなりするまで。レモン汁をふりかける。
【3】別の容器に、砂糖とバターがやわらかくなるまでまぜ、薄力粉を加えてぽろぽろ状態になるまで混ぜる。
【4】2に3をかけ平らにならし、180度のオーブンで30分ほど焼く。
[PR]
by melbournedayori | 2004-11-19 21:51 | 美味しいもの