メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧
(映画)ホテル・ルワンダ
ルワンダで、1994 年、大統領が暗殺された事件を契機に、3ヶ月ほどの間に、80万人が犠牲になるという恐怖の大虐殺が起こりました。悲惨な恐ろしい出来事が起こっていたのに、資源のない国なので世界から注目されることもなく、平和活動を続けるはずの外国の軍隊もジャーナリストたちも、上部からの命令で退去してしまったのです。外国人の上司が国外脱出した後の混乱したホテルを指揮して、多くの人の命を守った実在のルワンダ人ホテルマンを描いた映画です。

凄惨な内容の映画ですが、主役のドン・チードルと妻のソフィー・オコネドーの二人の好演をはじめ、UN軍のカナダ人の隊長、アメリカ人ジャーナリスト、そして、ベルギー人のホテル会社の重役(ジャン・レノ)、赤十字の女性、それぞれ脇を固めて、ところどころユーモアのある台詞や、なんとかみんなを救おうと努力して苦悩する人間像、夫婦の愛の絆を見せてくれて、ホッとする部分も随所にありました。

ルワンダの96%の子供たちは、この大虐殺で、目の前で両親や近所の人が殺されるのを見たのだそうです。また多くの孤児たちが心の傷をかかえたまま、今も苦しんでいるとのこと。この子供たちのために、今、私の通う教会の人たちが、英文の手記などを日本語に翻訳して、支援活動を呼びかける準備をされています。その活動がルワンダの孤児たちの心を癒す力に育っていくようにと心から願っています。

6月24日に、この映画が日本国内の上映のメドがたたないまま、との情報を得ました。詳細は

『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会について
に書いております。
[PR]
by melbournedayori | 2005-02-27 22:07 | 映画
街で見かけたお嬢さん
b0015002_21273481.jpg

この方は、車の屋根の上に乗ってらっしゃいました。
b0015002_21282193.jpg

花屋の看板娘さん。
[PR]
by melbournedayori | 2005-02-27 21:30 | 豪州&メルボルンのネタ
チカ ドキュメンタリー・パーフォーマンス
先月、日本語教会で支援のコンサートがあった、「チカ」の舞台を観て来ました。・・・ウェブサイト

この女性はオーストラリアに旅行に来たのでした。まず立ち寄ったマレーシアでスーツケースをすりかえられた後、メルボルン空港に到着してすぐに、麻薬の密輸という罪を着せらたのだそうです。きちんとした通訳もつかない裁判で正当な権利も主張できないまま。言葉の通じない外国で囚われて10年間、過酷な体験に身も心も傷ついて何度も自殺を図られたとのことでした。その後、刑務所の中で、関わりあった方々の力を得て、信仰を持つようにもなり癒されて、再生されて、そして、刑期を終えられて、帰国されたのでした。

フィルムの中のちかさんと、ダンスの人の歌う、中島みゆきさん作曲の「この空を飛べたら」、悲しい叫びの歌声が、いつまでも心に残ります。

この事件で、もう一人、日本人男性が、来年まで刑務所で、釈放の日が来るのを待っているのだそうです。メルボルン日本人教会では、この方の支援の活動もずっと続けてされてます。
[PR]
by melbournedayori | 2005-02-26 21:41 | 豪州&メルボルンのネタ
綱渡りポッサム
電線をするするって、野生のポッサムに、昨夜は何度も遭遇しました。映画館(コンスタンティン - キアヌ・リーブス主演)からの帰り道、カメラを片手に、チャンスは逃すマジって、ケーキの箱を反対の手持ったまま奮闘。でも、写すのは難しいのです。
b0015002_939785.jpg

赤い目が光ってます。目が大きいのですね、このポッサム君って。
b0015002_9393448.jpg

影のように、忍びの任務の途中なのか、君は、ニンジャだね。

ポッサムの赤ちゃんについての話はこちらをどうぞ
[PR]
by melbournedayori | 2005-02-26 09:40 | 豪州&メルボルンのネタ
誕生日のケーキ
ケーキ屋さんのケーキ、誕生日で、買ってみました。
ティラミスなんとか、名前はもう忘れました。
b0015002_21275037.jpg

丸型のHappy Birthday と、書かれたものも大小何種類もあったのですが、
できるだけあっさりしてそうなのを選んだので、ボックス型のものを購入。14ドル50セント。
フルーツはタルト以外は乗せないみたい、ここのケーキ屋さん。

コーヒー味のスポンジに生クリームがたっぷり、チョコレートの粒で縁取られてます。
思ったよりも甘さは控えめ、けっこう美味しくいただきました。
[PR]
by melbournedayori | 2005-02-25 21:30 | 美味しいもの
誕生花366日
b0015002_8141257.jpg娘から誕生日の花言葉eカードが届きました。
今日の誕生花は、カランコエ。
花言葉は、「あなたを守る」
今日生まれの人は、
「仕事も遊びも勉強もめいっぱいこなします。寝不足でも疲れていても苦にならない、体力と意力の持ち主。仲間内のリーダー格です」
b0015002_8152695.jpg
大変だ、花占いに合わせて頑張らねば・・・。
(カランコエの写真は借り物です)

366日の花言葉はこちら
花の写真と花言葉とその日生まれの人の特徴、花の育て方のことも書いてあります。
[PR]
by melbournedayori | 2005-02-25 08:16 | 花・植物
誕生日パーティ ♪
さて、本日2月25日は、クロエの誕生日です。

子供に年齢を聞かれますと、ずっと25歳で通してきましたが、今年長女がその年齢に達します。
えらいこっちゃ・・・。嘘がばれちゃう!

2月は一年の中では特に短くて、確率は低いはずなのですが、教会のカレンダーを見ると、2月生まれがたくさんいて、ぜひ夕食会をとの話が持ち上がり、美味しいと評判の日本料理店で私のバースデー・イブに開催することになったのでした。

あれやこれやと、日本のもので飾り付けたジャパニーズレストランとは違って、隅っこに店名を染めたのれんがかかっているだけで、そのほかは、料理以外は和風のものをいっさいとっぱらったカフェバー風のレストランでした。

参加者は8名、和食とおしゃべりをたっぷりと楽しんできました。
うーん、満足♪
[PR]
by melbournedayori | 2005-02-24 22:56 | クロエの独り言
(映画)ガタカ/GATTACA
いま、子供たち、二人とも、この「ガタカ」を見て、英語(ESL)の授業をしていて、もうすぐ、これでエッセイを書くようです。

私は、SF映画は好きなのですが、まだ見てなくて今回初めて見ました。いい映画なのに、どうして見逃したんだろ???と、見てから不思議に思いました。

ニュージーランド人の監督アンドリュー・ニコルさんは、ターミナル(2004)、シモーヌ(2002)、トゥルーマン・ショー(1998)を製作されてます。ということはターミナルは、ちょっと路線を変えてみたってことだったのですね。どの作品も、なかなか良い話です。

マイノリティとして生まれた兄(主人公)。無防備なままの受精で、今の世の中なら、ごく普通の子なのですが、背も低く、病気もあり予想される寿命もかなり短いと、生まれてすぐの血液検査で診断されてしまいます。このことを知った両親は、次の子は、遺伝子で選んだ完璧な弟を得ます。この遺伝子の違いが、何をしても弟に負けるという劣等感に打ちのめされつつ、成長過程でも激しく競り合いを余儀なくされ、さらに社会にでてからもつきまとってきます。

宇宙飛行士になりたかったヴィンセント(イーサン・ホーク)は、そのままでは無理ですが、優秀な遺伝子を持ちながら事故で歩けなくなってしまったジェローム(ジュード・ロウ)に出会い、その夢を実現することになるのです。

入念な計画の下に遺伝子を偽ってガタカ社にエリートとして入社したヴィンセントは、美しい同僚(ユマ・サーマン)との恋もして、順風満帆そのものだったのですが、ある日事件が・・・。

低予算でCGもほとんど使用せずに作ったということですが、近未来の映像は美しいです。見せ場がたくさん散りばめられてます。主要登場人物も美男美女揃いだしね。

遺伝子の優劣に、これほどまでに執着する社会は、実際にはこないだろうと思います。そうなってはいけないとの警鐘のメッセージ、ですよね。傷つき、愛し合い、そして旅立つ男、見送る女、残された男(ジュード・ロウ)のラストシーン・・・ここで泣きました。

ガタカ/GATTACA (1997)
監督: アンドリュー・ニコル Andrew Niccol
製作: ダニー・デヴィート Danny DeVito
マイケル・シャンバーグ Michael Shamberg
ステイシー・シェア Stacey Sher
脚本: アンドリュー・ニコル Andrew Niccol
撮影: スワヴォミール・イジャック Slawomir Idziak
音楽: マイケル・ナイマン Michael Nyman
 
出演: イーサン・ホーク Ethan Hawke
ユマ・サーマン Uma Thurman
アラン・アーキン Alan Arkin
ジュード・ロウ Jude Law
この映画の公開時のコピー↓
「残酷なまでに美しい未来…愛だけでは君に届かない」
[PR]
by melbournedayori | 2005-02-24 22:19 | 映画
秋を探して その2
♪~秋を愛する人は・・・という歌がありますが、
四季の中で、秋が一番落ちついていて好き。
といっても、それは日本の四季の中の秋、

メルボルンでは一日の中に四季があるという複雑なお天気、
秋の部分もあり、夏の部分もあり、
雨がふりしきる日は平均気温が一番高い2月でも冬のように寒いという、ランダムな気温変化です。

それでも、すこしでも秋をみつけたい。

実りの秋、
人を想う秋、
届くことの無い恋文を書く秋、

♪~冬が来る前に・・・そんな感じ。
b0015002_865350.jpg

写真は、ローカルものの梨です。(食欲の秋はちゃんと来てるよ)
輸入物の洋梨よりも値段が高かった。
日本の二十世紀梨より小さめ、味はほとんど同じ。
[PR]
by melbournedayori | 2005-02-24 08:08 | 豪州&メルボルンのネタ
秋を探して
庭の虫たちが、秋の演奏会を奏で始めましたが、
今夜は、この時間(午後8時過ぎ)でも、まだ30度を超えてます。
久しぶりに扇風機が活躍する日、珍しいことです。
b0015002_189486.jpg

b0015002_18114853.jpg

道端にキノコが生える、というのも、秋だから? 
ちょっと自信ないですが、
数日前に見つけて、どんどん増えたりしているので、写真に撮ってみました。
b0015002_18123447.jpg

この木だけは、気が早くて、もうだいぶん前から、紅葉が始まっています。
まだまだ、その気配もない木がほとんどなんですけどね。
[PR]
by melbournedayori | 2005-02-23 18:14 | 豪州&メルボルンのネタ