メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 03月 ( 41 )   > この月の画像一覧
ビビンバ
長女が就職のため、一人暮らしを始めたのですが、その引越しの夜に、荷物を運び終えて、夫と長女、次女の三人で、近くの焼肉屋で、石焼ビビンバを食べたとの話。実はそのお店、もう30年以上も前のことになりますが、主人が学生時代に、その焼肉屋さんで、アルバイトをしていたのでした。店名は変わらないのですが、その後チェーン展開して、あちこちにできたそうで、そこが本店です。スタッフは、さすがに当時のままの方はいらっしゃらなかったそうです。

で、こちらの家族も、我が家でビビンバ。道具もないので、石焼きにはできないし、韮やキムチ、ぜんまいなどは、なしの、少なめの具で、少々寂しげなビビンバになってしまいました。でも、それなりに美味しかったですよ。
b0015002_17353114.jpg

明日は長女の配属校がいよいよ決定なのだそうです。(おそまきながらも)社会人一年生、頑張ってほしいです。
[PR]
by melbournedayori | 2005-03-31 17:40 | 美味しいもの
(本)『French Women Don’t Get Fat』
フランスのスリムでおしゃれなマダムの写真は、まここっとさんのレポートでこちらで見せていただくことができます。本当にほっそりとした女性が多いようですね。オーストラリアの女性は、こういう体型の方は、本当に少ないと思います。

メルボルンの書店で現在のベストセラー・ランキング一位は、昨年からその場所を独占して他に譲らない「ダ・ヴィンチ・コード」ですが、1月から2位に『French Women Don’t Get Fat』という本が入ってます。これは、フランスの女性がアメリカに留学中にまるでじゃがいもの袋のごとく太ったのですが、フランスに戻って、きれいに痩せて、その体験を元に、書かれた本とのことです。(今、気がついたけど、こっちの本屋さん、フイクションとノンフィクションのジャンルとか分けずにランキングをつけるのね・・・)

以下にアマゾンの紹介文を拝借して載せますと、
***********************************************
*LVMHグループのヴーヴ・クリコ社社長である著者がフランス人女性の *
*生活を語る『French Women Don’t Get Fat』。食を謳歌しつつ、ジム*
*で汗を流さなくても、セクシーかつスレンダーな体型でいられる理由を、 *
*著者お気に入りの料理レシピと共に紹介する。                 *
***********************************************

私は、この本を読んだわけではないのですが、テレビの番組やネットの記事を見て、わかったことを書きますね。本のほうは、もうちょっと値段が下がってからにしても遅くないと思って楽しみに待ってます。

アメリカと同様に、オーストラリアも肥満は深刻で大きな社会問題です。食品には、かなり神経を使っているようで、肉は種類にかかわらず、脂肪部分をきれいにカットされたものが売り場の面積のほとんどを占めています。

コレステロールの高い食品を避け、肉の脂肪は食べ残し、牛乳などもローファットを選んだり、豆乳を代用し、さらに、ジョギングなどの運動を取り入れるというのが、一般的な肥満防止策ですが、日本でも、しているのはほとんど同じだと思います。

ところが、フランス人の女性は、ワインをたくさん飲み、炭水化物や、脂身も大好き、バター、チーズも何も減らさないのに、スリムな人が多いのだそうです。ジョギングも、関節にダメージを与えるからと人気はなく、歩くほうが大好きなんだそうです。有酸素運動だとか、カロリー計算も、なにもしないで、美味しいものを何もガマンしない食生活なのに、太らないし、さらに、心臓病の発生も先進国では一番低いという。

その秘訣はというと、この本によると、三食をきちんと取ること。特にランチは、フランスでは正午から2時まで、どの職場も昼休みとなり、家に帰ったりレストランに入ったりして、ゆっくりと過ごし、ちゃんと食卓についてランチを食べているとのこと。あわてて食べずに、ゆっくりのペースなので、食べ過ぎることがなく、バランスよく食べているので間食も欲しくなくなるのだそうです。

テレビ放送の取材で著者が言われた言葉ですが、フランス人は五感を使って食べるので、その楽しみのために食べるのだということ。そして料理という行為は、他の国では雑用のようなものだけれど、フランスでは愛の行為なのだそうです。
[PR]
by melbournedayori | 2005-03-30 19:30 |
日本風の商品って
スーパーに買い物に行ってきました。いつも行く、こちらでは大手の普通のスーパーです。b0015002_1584433.jpg

お茶の売り場で、いつもは、Lipton社の 「Green Tea」を選ぶのですが、その横の日本人の女性らしき絵のついたお茶があるので、一度飲んでみようと買ってきました。

「ジャパニーズスタイル」ということで、煎茶という表示もありますが、このお茶は中国産のものでした。今、そのお茶を飲みながら書いています。ちょっと薄めの味のような。

で、この絵なんですけど、海外の日本のイメージって、まだこれなんですかね? そういえばと、そのスーパーに置いてある商品で、日本の関連の絵がついてあるものがあったようなと、探してみました。b0015002_15102514.jpg

これは、薄焼きせんべい。浮世絵の女性ですよね。メイド・イン・タイランド。

豆腐職人さん。なんとなく江戸時代のお豆腐やさんかしらと? これはオーストラリア産です。
b0015002_15114711.jpg
「TAMARI」というお醤油の商品の絵は、安芸の宮島かな? 確証はありませんけど。これも中国製。
b0015002_15131920.jpg

商品が少なくて、結論には無理があるかもしれませんが、日本の商品には、あまり日本をイメージさせる絵は入ってなくて、日本以外の日本風の商品には、ついているのだろうと思います。
b0015002_15122694.jpgで、最後にこちらのスナック菓子で有名な「SAKATA」の薄焼きせんべいは、日本の製法をそのままで、オーストラリアで作ってるんだそうです。美味しいです。このトマトサルサ味、やめられない止まらない状態です。
[PR]
by melbournedayori | 2005-03-29 15:18 | 豪州&メルボルンのネタ
突然の訪問客
めったに訪問者の来ない家なんですけれど、さきほど、中年のオージーの女性が二人来られて、にこやかな微笑みに、片手にはBIBLE・・・。何か寄付のお願いかな、と思って挨拶はしたのですが、日本でもおなじみのあの宗教勧誘でした。たいてい二人連れですね、そして一人は無言で一人だけがしゃべり、聖書箇所を示し、パンフレットを手渡そうとするのも、まったく同じ手順でした。

こちらの意向はおかまいなしに、話し始めて、自然の流れのごとくに英語の聖書を音読、少々問答の末に、今度、彼女たちの仲間の日本人が、日本語のパンフレットを持ってやってくるなんて言われたので、「そんなのは要りません」と、はっきりとした言い方で答えると、やっとあきらめてくれて「わかりました」って、帰っていかれました。

シンガポール在住だった頃にも、こういう訪問を受けたことがありますが、マンションの郵便ポストの名前で確認して、日本人が回ってきてました。「私もクリスチャンです。そのパンフレットは必要ないです」と言っても、もっと聖書の話をしましょうとよけい勢いづいて、あの手この手で話を長引かせようと迫ってこられます。そういうマニュアルも勉強されてから来られるようで、なかなか手ごわいです。

こういう訪問、日本人にしろ、外国人にしろ、お断りするのはきっぱりとしないと、やんわりと断ると長居されてしまいますね。ややこしいのでもう来ないで欲しいわ~!
[PR]
by melbournedayori | 2005-03-29 14:07 | 豪州&メルボルンのネタ
イースターと卵とウサギについて

イースターの行事として、卵探しや、ゆで卵の着色を日曜学校や英会話教室で体験された方も多いかと思います。私も子供の頃に教会の庭で卵探しをしましたし、私の子供たちは、卵型のプラスチックを、公園で探し、中のお菓子やコインを集めたりしていました。

クリスマスは神の御子イエス・キリストの聖誕祭。グッド・フライデーに十字架刑で殺されたイエス・キリストが、預言どおりに墓に葬られてから三日目によみがえられた日がイースターです。その復活を祝う日なのです。

昨日の私の出席したイースターの礼拝の前に、メモ用紙が配られて、神様のことや、教会のことなど、皆さんに質問を書いていただき、あとで、数人のパネラーに回答させるというプログラムがありました。私も前に出て、司会者に指名されて答えてきました。

初めての経験で、どんな質問が出てくるのか、と、ドキドキでしたが、これは聖書の内容を答えるという試験のようなものでありません。自分がクリスチャンとして、自分自身の生活の中で、信じていることや、神様に出会えて喜んでいることを伝えることができる機会で、とても感謝の気持ちで終えることができました。

その中の質疑応答の中で、イースター・エッグとウサギについての質問がありました。イースターの用意にと、大量にウサギや卵型のチョコレートが売られていて、ウサギのぬいぐるみもいっぱい店先にぶら下がっていて、この卵やウサギは、イースターと関係があるのだろうかと錯覚される方も多いのですが、実際には、キリスト教とは特に関係がないのです。

これは、キリスト教が伝わる前のヨーロッパにあった春の祭典が原型で、野うさぎを神聖な動物してあがめるSaxonの女神Eastre (Ostara) の豊饒を祈願する祭典からだそうです。卵については、古代のエジプト人やローマ人の豊饒や再生を卵の記号で表したことからきているようです。「イースターバニー」をアメリカで有名にしたのはドイツからもたらされた伝統行事からだということで、イースターの朝にウサギに小さなプレゼントをもらうといったイベントがあるのだそうです。

キリスト教が伝播する際に、その土地にあった祭りを取り入れるという形の布教活動が多く行われた結果、その習慣がキリスト教徒の世界でイースターを祝うアイテムとして定着したということです。ほかにも、そのように、聖書に書かれていないもので祝うものがたくさんあるようで、クリスマスツリーも、元をたどれば、フィンランドの冬至の収穫祭からきているとのことです。
[PR]
by melbournedayori | 2005-03-28 17:52 | メルボルン日本語キリスト教会
「iPod mini 」とうとう来ました!
といっても、うちの娘のものなんですけどね。b0015002_1845333.jpg

こちらの国では、MDプレーヤーはほとんど使用されず、娘も、ずっとCDプレーヤーを持ち歩いていました。重いのよね、それって。首から下げられるサイズの、弟や母のを横目に、「音が飛ぶのよ~!」とぼやいておりましたが。

可愛いですよね、私も欲しいわ~♡

やっと「iPod mini 」をゲットした娘は、今、MP3プレーヤーのデザインを宿題で作ってます。ですから、箱や本体や、あれやこれや、いっぱい写真を撮ってました。
[PR]
by melbournedayori | 2005-03-27 18:09 | クロエの独り言
時差が変わりました
daylight-saving(サマータイム)が終了して、今日から、日本標準時とは1時間差の生活になりました。今朝は1時間得をした気分です。気がつかずに早起きしてしまった人には、1時間損をしたような気になると思われます。朝一番に、うちの近くの大学生の女の子から、「時間、変わったの?」と、問い合わせの電話が一件ありました。

イースターサンディも迎え、これで秋もいよいよ深まり行くのでしょう。

写真は 赤い実が鈴なりの、バラ科の「コトネアスター」(cotoneaster lacteus)
(※図鑑を見ての鑑定ですが、その名前だと思います) 
b0015002_17335266.jpg

[PR]
by melbournedayori | 2005-03-27 17:34 | 豪州&メルボルンのネタ
チョコレートは大好きだけど・・・
こんな形だと、やっぱり遠慮するんだろうな~。
[PR]
by melbournedayori | 2005-03-26 09:55 | 美味しいもの
映画の期待作品
b0015002_19492111.jpg
写真は「Mr. and Mrs. Smith」のブラッド・ピットさんとアンジェリーナ・ジョリーさん。映画館の等身大の看板を見て、うちの子供たちも、「おお~!」と声を出してました。どちらもかっこいいですよね。どうやらお互いに隠しあっているけど夫婦ともにスパイという話らしいです。世界のセクシー女性No.1なんですってね、アンジェリーナ・ジョリーさん。

昨夜は「THE RING TWO」、今日は「ROBOTS」を映画館にて観て来ました。

「THE RING TWO」のほうは、色々とツッコミしつつ。リメイクじゃなく、オリジナルストーリーになってました。ほかの観客がどんな反応するのかも興味があったのですが。期待通り、「来るぞー!」というところで、あちこちから悲鳴が聞こえてきてました。(笑) 特に、前のほうに座っていた若い子の団体が、もううるさくて。ポップコーンを投げていて、映画館の係員に注意を受けていましたよ、その子たちは。

「ROBOTS」のほうは、子供たちと、そのお付き合いの親たちがほとんど。寝てしまうほどではないにしても、中だるみした部分でちょっとガサガサしてました。同じプロダクションの「アイス・エイジ」のほうが面白いと思いました。しかしロボット好きの方には、色々なとこでツボかも、です。ロビン・ウィリアムスさんがもし出てなかったら、かなり評価下げると思います。

今日の本編始まる前の、予告編は、どれも待っている作品のものでしたので、予告編だけでも、けっこう美味しかったです。

まず最後の「スター・ウォーズ」は、本当に感動を期待してます。
これが、5月19日公開予定。あと、2ヶ月、待ち遠しいです。

白塗りジョニー・デップさんの「Charlie And The Chocolate Factory」のほうは、9月1日なんで、また、ずっとずっと先、これ、たぶん日本では夏休み公開になって、日本よりこちらが遅くなるのではないのかしら。
[PR]
by melbournedayori | 2005-03-25 20:03 | 映画
人間大ペーパークラフト
NASUKAさんのウルトラマンはコワかった!!(爆)からトラックバックです。

ペーパークラフトで、こんなにリアルなものができるなんて、知りませんでした。

作成されたのは、先日、「家庭教師からの電話」で紹介させていただいたuchinanさんです。今も、次なるクラフト作品に向けて、がんばりつつ、かかってくる家庭教師勧誘電話には、相手がぼろを出すまで、とことん話をされておられます。そして、こちらのブログにお越しいただいたきっかけの、オーストラリアへの愛情たっぷりエントリも、続々とアップされてらっしゃいます。

ウルトラマン o(o|o)/
カラータイマーも作動させられますって。

実物大のASIMOくんも、本物そっくりです。こちらこちら

次にはどんなのが出来上がるのか、とても楽しみです。
[PR]
by melbournedayori | 2005-03-24 08:25 | Webで出会う人々