メルボルン便り
melbdayori.exblog.jp

メルボルンでの生活は2006年6月24日で終わりました。ここでの更新はもうありません。今のところは、ブログ活動は休止中です。ここにご訪問いただいた皆様には大変感謝しております。 (如月クロエ)
最新のトラックバック
マカデミアナッツ(マカダ..
from ブログでCookin'!(料..
メルボルンからの帰宅。
from 馬鹿と煙
当たるといいですね。
from 掬ってみれば無数の刹那
これで満開!
from 香港少年的工夫日記
食と農の博物館
from 掬ってみれば無数の刹那
「知らない植物を食べない..
from 掬ってみれば無数の刹那
大福もろてん。
from もろてん。
この花のように
from 山の彼方の空遠く
10年バトン
from メルボルンらいふ
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
確かに凄い、「ホテル・ル..
from KOBECCO
秋桜に想う
from 山の彼方の空遠く
キツかったぁ、「ミュンヘン」
from KOBECCO
花図鑑
from 山の彼方の空遠く
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
壁紙
from オーストラリア・地球のお尻の..
震災11年
from トピックス、雑記帳
あの日から11年。結局、..
from KOBECCO
やっぱり、ベースは神戸かな。
from KOBECCO
Scene2196 藍の..
from KOBECCO
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
(実) 赤い実
今日は赤い実の植物を特集です。
b0015002_1014947.jpg

一番目の写真、うちの庭の片隅に、お隣さんから垣根越しに入ってきている実。一年前まで住んでいた家の裏庭にもありました。バラ科のコトネアスターの種類だと思います。
b0015002_1034065.jpg

2番目は、植物園で撮影した実。名前は探しましたが、みつかりません。葉に沿ってひとつずつ実がついています。6月9日撮影。
b0015002_105318.jpg

3番目のも、名前がわかりません。これも植物園で。5月24日撮影。
b0015002_1062225.jpg

最後のは、とても背が高い木です。実が下に落ちていなかったら見逃したかも、というほど、木の上のほうにだけ実が生っていました。ズームのできるカメラの本領発揮♪

学名 Hernandia bivalvis
英名 Grease Nut  
    Queensland Jack-In-A-Box (植物園の名札にこう書いてありました)
蓮の葉桐科(ハスノハギリ) Hernandiaceae
蓮の葉桐属(ハスノハギリ) Hernandia

Grease Nut とは、65%と高い油の含有率の果実ということでついているそうです。
アボリジニーが食べていた実だそうで、絶滅危惧種との記述がありましたが、さきほどリンク先でサーチしてみると、みつかりませんでした。はてな?

樹高 6~12m
実の大きさ 3cmほど
原産 オーストラリア クィーンズランド州
[PR]
# by melbournedayori | 2006-06-16 10:37 | 花・植物
(花) 黄色のジャスミン
b0015002_102974.jpg

いくつか黄色いジャスミンにも種類があるようです。
花が小型なのと、梅の咲く春の早い時期に咲くということで、たぶん、これは、オウバイだと思います。

オウバイ(黄梅 迎春花) Jasminum nudiflorum
木犀(モクセイ)科 Oleaceae
素馨(ソケイ)属 Jasminum
英名Winter Jasmine

原産 中華民国北部 
花の大きさ 2~2.5cm

ジャスミンというと薄いピンクのかかった白い花で香りも強い羽衣ジャスミンを思い出すことが多いのですが、黄色いジャスミンは、これのほかに、キソケイ(黄素馨)Jasminum humile もあります。
黄色いものは、香りはあまりないようです。
b0015002_10342794.jpg

[PR]
# by melbournedayori | 2006-06-15 10:38 | 花・植物
『指定バトン』
二人の方から、同じ指定バトンで、どちらも『花』ということでいただきました。
今回は、かっちゃんからの『指定バトン』です。

■■■ [指定型★バトン]のルール ■■■
◆廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。
◆また、廻す時、その人に指定する事。

指定された言葉  『花』

***

◆最近思う『花』

絶滅寸前の花、反対に増えすぎて困る特定外来生物指定の花(外来種のオオキンケイギク)の記事、最近、そういう花のことも考えるようになりました。

◆この『花』には感動!!!!

どの花も思い出深いですけど、あえて5個にしぼってみます。

ハイビスカス・インスラリス Hibiscus insularis
絶滅しそうなんて・・・(TT)
しかも原産地がメルボルンからすぐ近くだし。
b0015002_1704942.jpg

Arisarum vulgare
うちの庭にも咲いていて、ここを離れると二度と出会えそうにないから。
b0015002_7271410.jpg

ジャカランダ Blue Jacaranda 
南半球の紫色の桜の花といった存在です。
b0015002_19434261.jpg

ストレリチア 極楽鳥花(ゴクラクチョウカ)
トレジャリーガーデンで見事な咲きっぷりは忘れられません。
b0015002_19374526.jpg

カンガルー・ポー(kangaroo paw)
オーストラリアといえば、カンガルーでしょう。
b0015002_1993563.jpg
 
◆直感的『花』

やっぱり桜? ふるさとの桜を思い出します。

◆好きな『花』

20代くらいまでは、竜胆が一番好きでした。

今は目移りが激しいです。^^

今だと、
こちらで出会って鉢植えも買った
ブルーハイビスカス(Satin Hibiscus)
これもオーストラリア原産です。
b0015002_1902572.jpg

◆こんな『花』は嫌だ!

花粉症の原因の花はちょっと・・・。

◆世に『花』がなかったら・・・

花の咲かない街には住みたくないですね。
やはり、緑豊かな潤いのある自然の豊かな街がいいです。
隠居する時は静かな山の中にでも? なんてね。^^

◆次に回す人、5人(『指定』付きで)

すでにMixiで、4人の方にお願いしたので、今回はまた別に3人の方にバトンをお願いしてみようと思います。難しいようでしたら、パスして下さって結構です。

むぎなでさん 『野菜』
千絵子さん『チョコレート』
黒にゃん『アウトドアライフ』

***
[PR]
# by melbournedayori | 2006-06-14 19:50 | Webで出会う人々
(花) トリプラデニア Tripladenia cunninghamii
b0015002_1071931.jpg

b0015002_108125.jpg深緑色の大きめの葉に、ほの白い小さい花。咲き始めたのは、かなり前でした。点々と咲く素朴な花に惹かれて何度か写真も撮りました。

この足元に咲く小さな花は、植物園の大きな木陰の部分にあちらこちらで見かけましたが、なかなか名札が見当たらず、やっと見つけました。

これもオーストラリア原産の花で、一属一種のみだそうです。以前は Kreysigia multiflora という学名で、変更されたという記事を見かけるくらいで、ネット上もあまり詳しい資料がありません。

トリプラデニア 
Tripladenia cunninghamii
英名 Bush Lily

ユリ科 Liliaceae
トリプラデニア属 Tripladenia

Tripladenia は、ギリシャ語が語源:
triplus (threefold=三倍の、三重の) +aden=a gland(腺) 
花被付属物の根元から出ている平たい部分に関連ではないだろうか、とのこと。(訳してもさっぱりよくわかりません。)

「cunninghamii」=Allan Cunningham の名前から。 スコットランドの19世紀の探検家、植物学者で、詩人でもあった人物だそうです。

草丈 15~40 cm
花の大きさ 1.5cm
原産 オーストラリア
b0015002_1091932.jpg

[PR]
# by melbournedayori | 2006-06-14 10:14 | 花・植物
(花) 常盤満作(トキワマンサク)
b0015002_19283497.jpg

3月下旬にも一度撮ったことのある花ですが、まだ咲いているのだなと思いながら撮ってきました。撮影は、6月9日植物園にて。

日本では一度に木いっぱいに咲くようですが、ここでは、ちらほらと、少しずつ長く咲き続けています。

常盤満作(トキワマンサク)
学名:Loropetalum chinense
chinense=中国の
Loropetalum(ロロペタラム)
  =ギリシャ語で loron(革紐)、petalon(花弁)

マンサク科 Hamamelidaceae
トキワマンサク属 Loropetalum
b0015002_1933492.jpg

花弁はひとつの花に4枚ずつで、いくつかかたまって咲くので、3cmほどの細長い白い花びらが、はたきのように、たくさんに見えるのだそうです。

原産 中国南部・インド東北部

花言葉 神聖、霊感、不思議な力


・*:.。. .。.:*・!゚・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・!゚・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・!゚・*:.。. .。.:*・゜

今日は、娘が成績をつけてもらう日で、作品を持ち込むお手伝いで、朝は6時半起きでシティにでかけていました。朝一に、作品を机に並べて、夕方回収まで、丸一日、シティで時間つぶしをしたのでした。

シティについたら、駅で、昨夜のWサッカーの勝利を祝う無料のカプチーノ券を配っている「3」という携帯の会社の人たちがいました。3点も取られるなんて、と、そこでも、ちょっと悲しくなってしまった私たちでした。o( _ _ )o ショボーン もちろんカプチーノ券は受け取りませんでした。

作品をセットしたあとは、一応、映画でも観て、ということで、遅めの朝食を食べて、開始時間までひまをつぶし、リメイク版「オーメン」を観ました。今回、両親役の気持ちの変化が前よりもよく理解できるように描かれていたとは思いましたが、旧作のほうがもっと怖くなったような。(^-^; 平日の11時50分からのオーメン、広~い映画館に、私たち親子のほかに男性が2人だけでした。

映画のあとは、荷物はなるたけ増やさないように気をつけながら、お買い物。そして、お茶も飲んでゆっくりと過ごして、大学に戻って作品を回収、えっちらおっちらと、荷物を運んで、7時半ごろ帰宅しました。長い一日だったです。
[PR]
# by melbournedayori | 2006-06-13 19:58 | 花・植物
(花) 梅 (Japanese apricot)
日本では梅の実が生るころ。うっとうしい梅雨空が広がっているのかな?
メルボルンの空の下では、ちょうど今、梅の花が咲いています。
写真は6月9日 植物園にて。
この木の前で、観光客らしきアジアンの女性二人に、カメラのシャッターを押すのを頼まれました。
b0015002_834766.jpg

梅 (ウメ)
学名 Prunus mume
英名 Japanese apricot
バラ科 Rosaceae
サクラ属 Prunus
原産は中国
b0015002_8352123.jpg

花言葉 厳しい美しさ、あでやかさ
      高潔、上品、忍耐、忠実、独立
b0015002_8381575.jpg

[PR]
# by melbournedayori | 2006-06-12 08:42 | 花・植物
米粉ケーキ
初めて、米の粉のケーキを焼いてみました。最初は小麦アレルギーのご主人を持つ方のリクエストです。それと、徒歩圏内のいつものショッピングセンターに、「macro」という健康食品のスーパーマーケットが少し前に出来て、豊富なオーガニックの食材が満載なので、これもきっかけのひとつになると思います。そこの店にお買い物に行って、あれこれと眺めたり変わった食材を買ってみたりと、楽しいです。もっと早くオープンしてくれていたら良かったのに・・・。

RICE FLOUR(750g) A$2.95 でした。
袋の後ろに、米粉パンと米粉クッキーバーのレシピが印刷されていました。

初めてでお味はどうかなと思いましたが、言わなかったら米の粉を使用したと誰も気がつかないみたい、教会の皆様が喜んで試食をしてくださって、あっという間に終了でした。

b0015002_16281041.jpg朝、あわてて作って撮った写真で、めっちゃ適当デコレーションはとても恥ずかしいのですけど、味は良いです。^^ 生クリームにイチゴとキウイを載せてみました。

米粉スポンジケーキの作り方

材料:(18センチ型)

・米粉 100g
・卵 3個
・砂糖 100g (参考にしたレシピの分量で私には少々甘かったです。もう少し控えめでもOKだと思います)
・バター 20g
・牛乳 50cc

作り方:

1 ボウルに卵白を入れて砂糖半分量を2~3回に分けていれ、しかっりとしたメレンゲを作る。

2 別のボウルに卵黄と残りの砂糖をいれ白くもったりとするまで泡立てる。

3 2のボウルに米粉をいれ混ぜる。(米粉はふるわなくて、乾いた泡立て器(ホイッパー)で何度かほぐすように混ぜておけばよいそうです。)

4 1で作ったメレンゲを3回に分けて手早く混ぜる。泡をつぶさないように大きく混ぜる。

5 電子レンジで、耐熱容器に入れたバターと牛乳を温めて溶かし、ここに4の混合物をひとすくい取ってよく混ぜたあと、4に戻して全体を混ぜる。

6 生地を型に流しいれしっかり型を持って台の上でとんとんして空気を抜く。

7 160℃に予熱したオーブンで25~30分焼く。

8 あとはお好みでデコレーションしてください。

米粉を混ぜたときに、少々お米の匂いがしますが、焼きあがるときの匂いは、普通のケーキの匂いでした。少し重い感じに焼きあがりましたが、カステラみたいな感じで、特に悪くない美味しさでした。

今度は抹茶入りケーキに挑戦してみたいと思っています。
[PR]
# by melbournedayori | 2006-06-11 16:37 | 美味しいもの
(花) クリスマスローズ、ヘレボルス(Helleborus)
b0015002_14553522.jpg

植物園の、私がいつも入場しているゲートからすぐの場所に、両側にたくさんクリスマスローズが植えられていて、花を楽しみにしていました。ようやっと、ちらほらと咲き始めて、写真を撮ることができました。地面に近いところでうつむいて咲いている少々地味な花ですが、控えめな中に、とても優しい雰囲気があります。
b0015002_1456825.jpg

クリスマスローズ

金鳳花(キンポウゲ)科 Ranunculaceae
ヘレボラス属 Helleborus

学名 Helleborus

Helleborus=ギリシャ語の「地獄」に由来。
荒れた土地に自生することから。

英名 Hellebore、Helleborus
   Christmas rose,Lenten rose

原種が15ある中で、品種改良が進められて園芸種がいくつもあります。
「クリスマスローズ」という名前は、イギリスのクリスマスの頃に開花するという意味で名づけられたそうです。
b0015002_14564682.jpg

ウィキペディアの項目は、ヘレボルス(Helleborus)で記載されていました。

ヘレボルス(Helleborus):キンポウゲ科のクリスマスローズ属に分類される植物の総称。 「クリスマスローズ」という呼称はクリスマスのころに開花する「ヘレボルス・ニゲル」だけを指した呼称であるが、日本の園芸市場では「レンテン・ローズ」と呼ばれる「ヘレボルス・オリエンタリス」なども「クリスマス・ローズ」の名前で出回る。(日本語のウィキペディアより)
b0015002_14573077.jpg

写真の花は、無茎種大輪系の H. orientalis の一種かなと推測しています。詳しくはわかりません。

花の大きさは、写真のもので、5~6cm
草丈は、25cmほど。

花に見える部分は萼片に当たります。

緑色の丸い小さいヘレボルスの花も、咲いていました。少し汚れているのかと思いましたが、萼片の先が茶色くなる性質だとのことです。b0015002_1458613.jpg

学名 Helleborus foetidus  ヘレボルス フェチダス

原産 スペイン、フランスの南部

草丈は、約50~80cm、細かく茂る葉が特徴。
学名Helleborus foetidus
常緑多年草(耐寒性)

クリスマスローズの花言葉 
      慰め、追憶、私を忘れないで、私の不安を取り除いて、スキャンダル
      思い出を懐かしむ 私を安心させて

クリスマスローズの根から絞った汁には毒が含まれているとして、昔は狩猟に使う毒矢に使ったり、精神の病気の治療薬に使用もされたそうです。ということで、毒には注意しましょう。
[PR]
# by melbournedayori | 2006-06-11 15:09 | 花・植物
マジカルインデクス
ネームカードを開いたら、知らない項目が増えていました。
「マイフォーチュン」つまりは、新しい診断系の占いみたいです。
そこそこは当たっておりました。

誕生日を入力すると、自分のがわかります。→こちら(ネームカードは必要なしです)

私のマジカルパターン・・・とやら

『困難を克服する強い意志と知恵を持つ』

基本性格

勝ち気で他人には頼らず、自分のことは自分でやる、曲がったことが大嫌いな純粋な人。マイペースで、高い自尊心と困難にもくじけない強い意志の持ち主。非常に現実的で計算に強く、高い目標に向かって努力する人。

◆女性の傾向
女性は、結婚しても、夫とは対等な関係を持ち続けるタイプ。

行動パターン (グループ名)

【満月グループ】魅力的な人と言われたい

・カリスマになりたいと考えており、自分の計画を実現したい人です。(割と現実的です)
・人とのかかわりを大事にし、情報集めと人脈作りが大好きです。(実は人見知りでメンドクサガリ)

感覚パターン (組名)

【どうどう組】自然でいうと「茶色の山」!しっかりしたハートを持つ人です。

・世話好きで、人の面倒をよくみる現実優先型。(たぶん、そういう人でしょう)
・経済感覚があり、義理人情に厚く、困っている人がいると見過ごせません。(そうありたいです)
・あなたの温かいひと言が相手を勇気づけ元気にするでしょう。(そうありたいです!)

性格パターン (動物名)

【黒ひょう】生涯現役!がテーマ。新しいものが大好きで、流行に敏感(うーん、ものによっては?)

・自分の話が好きで、「私」とか「俺」とかの主語が多い(話は聞き役のほうだと思う・・・)
・トラブルの調停がうまい(いえいえ、自信ありません)
・いくつになっても気が若く、いつまでも現役(でしょ?^^)
[PR]
# by melbournedayori | 2006-06-10 21:32 | Webで出会う人々
(花) ヒビスクス・インスラリス Hibiscus insularis
b0015002_1704942.jpg

絶滅寸前の花、珍しいアオイ科の花です。

自生地は、メルボルンの近くのフィリップ島と、ノーフォーク島だけにあるのだそうです。もちろん、保護されていて、貴重な花なのですが、植物園では、そういう表示もなく、初めて私が花を見つけたときには、その近くに、名札もありませんでした。でも、昨日、ようやっともうひとつの場所で、名札を発見して、ここにアップできて、嬉しいです。間に合ってよかったです。^^

家畜などの飼料として、この花は刈り取られてしまって絶滅寸前までいたり、1980年代後半には、自生の地域は、ペンギンパレードで有名なフィリップ島と、その北東1700Kmにあるノーフォーク島だけになってしまったのだそうです。フィリップ島は、メルボルン観光の目玉のひとつの、メルボルン市内から東南約140km、ウエスタン・ポート湾の入口に浮かぶ100平方kmほどの小さな島です。
b0015002_172145.jpg

ヒビスクス・インスラリス 

学名 Hibiscus insularis
英名 Philip island hibiscus

アオイ科 Malvaceae
フヨウ属 hibiscus 

インスラリスは、「島に産する」の意味
常緑低木
開花は一日だけの命です。
花の直径は8cmほど。

英文のサイトで、花びらの外側は黄色で中のほうが赤いとの説明がありますが、私の撮った花は、全体にピンク色で、花びらは、くるりと巻き込む形になっていました。
b0015002_1742447.jpg

[PR]
# by melbournedayori | 2006-06-10 17:13 | 花・植物